スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイターのニュースで紹介!!映画「ファイナル・ジャッジメント」

  • 2012/06/13(水) 21:30:09

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」 



先週、6月7日に世界最大の通信社ロイターの取材を受けた映画「ファイナル・ジャッジメント」。取材は赤坂のユートピア活動推進館で行われましたが、このニュースはアメリカ本社のサイトだけでなく、日本、イギリス、インドのサイトでもアップされ、各国に配信されました!!

US本社サイト:"Japanese movie funded by religious group" 
日本サイト
イギリスサイト
インドサイト
※ロイター自身が、Daily motion にもアップしてPRしています!! ≫≫


【ナレーション原文】
A new-age religious group is warning of a potential invasion of Japan in a new film. In Final Judgement, Japan becomes occupied by a fictional Asian nation, the People’s Republic of Ouran. A group of young Tokyo residents form a resistance movement against the occupation, eventually getting rid of the invaders. It was funded by Happy Science, which believes that it can save all humankind through the dissemination of universal Truth.
“All around Japan, there are countries increasingly beefing up their military presence to potentially invade other nations. Japanese people don't really appreciate this, so we at Happy Science want to alert Japan to this situation, set alarm bells ringing.”
The producers say that they're not pointing the finger at any country in particular.
“If people who've seen the film think it's about China, well, they're welcomed to. Some people might also think it's about North Korea -- I don't know. In that sense, I'll just leave it up the viewers to make up their own minds.
Audiences seem to be keen to buy into the message - the film came in fourth at the Japanese box office this week, grossing more than 1.5 million dollars.

【翻訳】
ニューエイジの宗教団体は、新しい映画の中で日本が侵略される可 ¬能性があることを警告しています。『ファイナル・ジャッジメント ¬』では、日本が架空のアジアの国オウラン人民共和国に占領されま ¬す。東京在住の若いグループが、占領に対する抵抗運動を組織し、 ¬最終的に侵略者を追い出します。この映画は、幸福の科学が資金提 ¬供しました。幸福の科学は、普遍の真理の普及によって、すべての ¬人類が救われると信じています。
「日本は、他国に侵略する可能性 ¬のある軍隊をますます増強させている国に囲まれています。日本人 ¬は、これについてあまり認識していないので私たち幸福の科学が日 ¬本にこの状況について警告し、警鐘を鳴らしているのです。」
映画のプロデューサーは、特に特定の国を指しているわけではない ¬と言っています。「この映画を観た人は中国のことだと思うかもし ¬れませんが、それは自由です。また北朝鮮のことだと思う人もいる ¬かもしれません。それはわかりません。それは、見た方にお任せし ¬ています。」
観客は、映画のメッセージに強く共感しているようです。この映画 ¬は、今週の日本国内の興行成績ランキング第四位に入り150万ド ¬ル以上の収入を上げています。


○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫ 
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫  
○全国上映館はこちらから ≫≫  


【今日の一転語】
「自分の人生にとって何が大事なのか」ということを考えたならば、次に、それを基準として優先順位を決めることです
そして、どうしても選ばなければいけない状況になった場合には、優先順位の高いほうを選べばよいのです。
■参照書籍
『生命の法』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。