スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ヒット御礼!舞台挨拶in新宿ミラノ座(2)

  • 2012/06/10(日) 14:05:44

o0320021312019639290.jpg



昨日のミラノ座での舞台挨拶では、何といっても初主演、初舞台挨拶の三浦孝太さんの御挨拶が感動的でした。三浦さんも、その感動を自らのブログに綴っていらっしゃいます。観る側としても、初主演の俳優さんの初舞台挨拶に遭遇するのはなかなかないことですから、共に忘れられないすばらしいひと時を過ごせたことに感謝です。この日のブログの題名が「感謝感謝感激感謝感謝(>_<)」ですから、どんなにうれしかったか分かりますね。これから数々の経験を踏んで、きっとすばらしい俳優さんへと成長してゆかれることでしょう。

三浦さんのご挨拶の中で、一番心に残った7分間の説法シーンのことを話されていましたが、「エキストラのみなさんが、真剣に自分の言葉を聞いてくださっているのが分かったので、少しでも思いを伝えたいという気持ちが強くなり、あのシーンになったのです…」とおっしゃっているように、胸の熱くなるシーンです。クライマックスのこのシーンの言葉を理解しようと悩み悩んで得たものを、魂と熱意を込めて伝えようと努力されたそうですが、それがストレートに伝わってきます。

※三浦孝太さんのブログ ≫≫

※映画「ファイナル・ジャッジメント」大ヒット御礼舞台挨拶―主演三浦孝太さん「うれしいの一言です」(幸福の科学公式サイト) ≫≫


三浦浩太さんのブログよりお借りしました。「お気に入り」の写真だそうです。
o0480064011933317682.jpg



○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫ 
○全国上映館はこちらから ≫≫


【今日の一転語】
どんなに磨いた鏡であっても、その表面にごみやほこりがついたならば、人の姿を正しく映すことはできないでしょう。
同じように、私たちも常に正しき心の探究をし、みずからの過ちを一つひとつ拭い去ってゆく努力をしなければ、心の鏡に映る世界はいびつなものになっていくはずです。
■参照書籍
『無限の愛とは何か』 第1章

◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。