スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南モンゴルの現状と新たな選択

  • 2012/06/08(金) 21:48:56

先週の幸福実現TVは「ウィグルの歴史と現状について」と題し、ウィグル問題についてのお話でしたが、今週はやはり中国自治区として大変悲惨な状況を強いられている南モンゴル(内モンゴル)ではどうなっているのかを、ゲストのオルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党幹事長)に伺いました。モンゴルでは死者10万人、負傷者10万人という大変な数の人々が中国共産党の粛清を受けているそうです。その拷問、虐殺の様子、決死の思いで立ち上げた「モンゴル自由連盟」についてなどもお話くださっています。

◆オルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党幹事長)
1966年内モンゴル自治区アル・ホルチン旗生まれ。89年内モンゴル師範大学卒業。2000年に来日。08年大阪大学大学院博士後期課程修了。06年モンゴル自由連盟党を結成。機関誌「自由モンゴル」の編集長も務める。「月刊ザ・リバティ2011年3月号記事 国が滅ぶ理由」でも紹介。
※2012.05.04 記事 「5.3 憲法を変えて日本とアジアの自由を守る! 国民集会&デモ」開催報告(2)」でオルホノド・ダイチン氏のご挨拶を紹介しています。(Youtube画像)
※2011.01.29 Libertyweb 「国が滅ぶ理由」
※2012.03.24 Libertyweb「検証 中国の 日本解放工作 内モンゴル、ウイグル、チベット、そして...」(1)
※2012.03.24 Libertyweb「検証 中国の 日本解放工作 内モンゴル、ウイグル、チベット、そして...」(2) 

「南モンゴルの現状と新たな選択」

6月14日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「映画『ファイナル・ジャッジメント』の魅力に迫る」



※幸福実現TV ≫≫


【今日の一転語】
少しずつ自信をつけていくことによって、劣等感は薄まっていきます。
小さな成功が積み重なっていくと、だんだん、劣等感を持っていた自分のことを考えなくなってくるのです。
■参照書籍
『ハウ・アバウト・ユー?』 第3章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。