スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今こそ、日本を救え』4月20日(金)鈴木真実哉教授   金曜セミナーのお知らせ

  • 2012/04/16(月) 22:37:53

軌道に乗らずに空中分解した北朝鮮の長距離弾道ミサイルは、米軍発表によるとテポドン2号だったそうです。打ち上げ費用はなんと国民8割の「年間食費分」(690億円)にあたるとのこと(国家予算の3分の1超の約1600億円)、常軌を逸する生誕100年を祝う「贈り物」です。そしてこの日、金日成主席と金正日総書記の銅像除幕式に参加した平壌市民は、落胆の一方「次回」の成功を待ち望んでいるといいます。

日本政府による発射情報発表の遅れが批判されていますが、今こそ日本は、有事に備えた対応を真剣に検討すべき時期であると強く感じています。そこで、今月の金曜セミナーでは、 「日本の国防はどうあるべきか」を考えて参ります。みなさまのご参加を心からお待ちしております。

■講師:鈴木真実哉 聖学院大学政治経済学部教授
■プロフィール
  1954年生まれ。聖学院大学政治経済学部教授。
  専門分野の金融論のほか、貨幣論、シュンペーター理論などを研究。
  著書に『格差社会で日本は勝つ』(幸福の科学出版)、
  共著に『カオスの中の貨幣理論』(雄松堂出版)、『金融入門』(昭和堂)
  などがある。

日時:4月20日(金)19:30-21:00
場所:東京中央支部 3階 (GINZA BOOK CAFÉ 3F) ≫≫
演題: 『今こそ、日本を救え』
参加費: 2,000円(学生1000円)
参考書籍:『日本武尊の国防源論』 ≫≫

※4/7(土)Book Cafeがオープンしました。向かって右側の支部入口からお入りください。
19:00-19:20夕べの祈りにもご参加いただけます。

参加ご希望の方、ご質問などは下記へご連絡お願いいたします。
「日本の未来を考える」事務局:midori777happy@yahoo.co.jp

【参考ニュース】
北朝鮮、ミサイル失敗挽回で核実験の可能性も4/13CNN
ミサイル発射失敗は、北朝鮮の「終わりの始まり」4/13LibertyWeb
朝鮮ミサイル、国連安保理が緊急協議 米国は食糧支援停止4/14CNN 
北朝鮮 ミサイル打ち上げ費用は国民6年分の食糧に相当 4/15LibertyWeb
北がIAEA受け入れ拒否…食糧支援中止に反発 4/16読売
「破片」を狙う「ミサイル防衛」の真意は――田中防衛相が「破壊措置命令」4/16週刊金曜日



【本日の格言】
本当の意味での成功と言えるためには、成功の持続が大事です。ただ、持続といっても、人生において全戦全勝ということはありません。しかし、そのブレを少なくし、失敗してもすぐカムバックすること、こういうことが成功と言えると思います。
■参照書籍
『繁栄の法則』 第2章


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。