スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外レポート アフリカ便り

  • 2012/03/28(水) 07:13:00

今、世界は、かつてない人口を抱え、その人口はさらに増えようとしており、様々な問題が起きています。幸福の科学-Happy Scienceは、人種、宗教、国境も超えて、お互いを理解し合える価値基盤を創り、幸福な人でこの地球を満たしたいという思いで、世界各地で活動を続けています。

現在、世界80ヶ国以上で幸福の科学精舎、支部精舎、支部、拠点が設立されており、それぞれの国の会員は、災害時の支援や、新興国への教育支援など、様々なチャリティー活動を始めとし、家庭、地域、国家、そして世界の「幸福の実現」を果たすことを願って、真理を実践し、また述べ伝えています。

gana


 
今日はガーナから届いたホットなニュースです。2011年6月に首都アクラ市の中心部に、アフリカで4番目の支部となるガーナ支部が開所されて以来、確実にHappy Scienceの教えが広まっています。ガーナに限らずアフリカの国々で受け入れられている背景には、幸福の科学の教義には仏教を基本とした教えと共に、発展の思想が説かれているため、必ず個人や国を救っていけるという限りなく希望に満ちたものであるからでもありましょう。旧来の宗教や教えでは解決できない政治や経済の混迷、難病、貧困、宗教・民族間の対立などの問題の解決への糸口を、人々は確実に見出しています。そしてガーナを始め、ベナン、ナイジェリアなどの西アフリカの国々は今、国境を超え、アフリカを光で満ちた大陸にしようとがんばっています。

さて、そのガーナで2月から3月にかけて、ガーナ国営放送TVと民放TVの生放送のインタビュー番組でHappy Science が全国に紹介されました。国営放送TV(GTV)では、土曜朝のゴールデンタイムの人気番組「ブレックファーストショー」、また、民放のVIASATでは、他のNGO団体とのパネルディスカッションの形式での放映でしたが、TV局がまだまだ少ないこともあるのでしょう、一気に全国に知られるようになり、放送を見た人が次々と支部を訪ねていらしているそうです。


vlcsnap-205129.jpg


ガーナそしてアフリカの人々が、心やすらぎ、豊かに発展されますよう、心より祈念いたします。




【本日の格言】
万一、あなたがたの現在の家族関係や、仕事や友人との人間関係が破綻しても、新しくできる人間関係の中に、自分に縁のあるソウルメイト、「魂の友人」と言うべき人が出てきて、助けてくれるようになっていることが多いのです。
■参照書籍
『勇気の法』 第5章







この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。