スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新霊言「小説家・景山民夫が見たアナザーワールド」 ―唯物論は絶対に捨てなさい―

  • 2013/08/12(月) 21:03:45

2073722.jpg



この度、大川隆法総裁より新たな霊言「『小説家・景山民夫が見たアナザーワールド』 ―唯物論は絶対に捨てなさい―」を賜りました。

おしゃれで新しいもの、珍しいもの好きで、スピリチャルは当たり前の日常生活をされ、いつも楽しい話術で楽しませてくださった景山さん、幸福の科学の会員にとってはとても懐かしい景山民雄さんの霊言が公開されました。幸福の科学の立ち上げ時に活躍し、1997年に帰天された直木賞作家・景山民夫氏-死後15年を経て、振り返る自身の人生や使命、そして、わかりやすい表現で語られる「霊界の様子」はとても興味深い内容です。

さらに、評価が固まっていない時代に信仰することの価値や、幸福の科学の未来の姿も明らかになり、景山氏と同世代の信者はもちろん、そうでない方にとっても「勇気の原理」となります。ぜひ、ご拝聴下さい。



● 卓越した描写力で語られる「自身の死の様子」や「霊界の時間と空間」。
信者ならずとも聞いてみたい、現代に生きた人ならではのリアリティー!

● 夏目漱石やマザー・テレサよりも偉い!? 景山氏が実感した信仰の功徳とは?


● 驚きの過去世! 仏教系の○○上人と、キリスト教系の○○○!


● あの世の図書館にある「未来記」。大学や政党はどうなる? その内容が明らかに!


● 弟子がもっと有名になり、弟子自身で歯車を回す時代に!



景山 民夫(Wiki)



【公開霊言】「小説家・景山民夫が見たアナザーワールド」 ―唯物論は絶対に捨てなさい―
              ○ 本編[103分]
              ○ 抜粋版[約60分]

【開示日】≪本編≫ 8月14日(水)~
             ≪抜粋版≫ 8月15日(木)~
              ○ 東京中央支部では14日13:15~14:48

【開催場所・お問い合わせ】 全国の支部・拠点・精舎・布教所 

● 東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



◆◆◆「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。詳しくは ⇒⇒⇒ 大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
⇒⇒⇒ ここまできた「霊界の実証」! ◆◆◆



12993203595913259468.jpg


※ここまできた「霊界の実証」!(幸福の科学出版公式サイト)≫≫
※ここまできた「霊界の実証」!Q&A PDF ≫≫




【今日の一転語】
「自分には、これが不足している。こんなにも不遇だ」などと言って、ほかの人に対し、同情を乞うたり、愛情を引きつけたり、自分の面倒を見させたりしようとすることは、実は、人の愛を奪っていることなのです。そのことに気づいていない人は、とても多いのです。
『未来の法』 第2章より

◆Today's Words of Wisdom ◆
Making mistakes and having failures are part of being human, but accepting and admitting to the errors you make, with graciousness, are chances for your soul to make progress.
    From " I'm Fine Spirit ", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。