スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアが欲しがる日本の病院

  • 2013/04/30(火) 00:25:22

安倍晋三首相は29日、ロシアを訪問。モスクワ・クレムリンでプーチン大統領と首脳会談をし、北方領土問題について両首脳は、「双方に受け入れ可能な解決策を作成する交渉を加速化させる」として交渉の再スタートで合意。首脳の定期相互訪問や外務・防衛担当閣僚の「2プラス2」創設でも一致したようです。

また、安倍首相がトップセールスする経済外交の第一弾が、 “日本が世界に誇る先端がん治療の病院”というのは素晴らしいと思います。ロシアだけでなく他の多くの国々でも必要とされているはずですから、これから日本の外交の売れ筋どころともなるのではないでしょうか。詳しくはLiberty Webの記事をご覧ください。 

安倍晋三首相のトップセールス第一弾 ロシアが欲しがる日本の病院 (2013.04.29 Liberty Web )

プーチン大統領については、昨年4月に幸福の科学出版より「ロシア・プーチン新大統領と帝国の未来」という書籍が発刊されています。(この記事で紹介)大川隆法総裁を通した霊言による、プーチン新大統領の守護霊との問答を書籍化したものですが、日本との望まれる関係や北方領土問題についてもとても明快に本音を語ってくださっており、親日派のプーチンが大統領の間にロシアとの友好関係を強固にし、中国包囲網を作っておくことが必須であることが分かります。この霊言の公開映像はロシアでも流されましたが、かなりの数の方がご覧になったようです。






領土交渉再開で合意=首相「直接取り組む」―大統領、信頼関係が重要―日ロ首脳会談 (時事通信4月29日22時6分配信)


【今日の一転語】
人間に「自助努力」が求められているのは、神様が冷たいからではありません。一人ひとりの人間に、本当に幸福になってほしいと考えているからなのです。「いつまでも誰かに背負われているより、自分の足で立って歩いてみることのほうが幸福ですよ」と教えているのです。
『伝道論』 第10章より(非売品)


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。