スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFO学園の秘密!?

  • 2013/01/10(木) 01:38:39

本日1月11日より、全国の精舎で『「UFO学園の秘密」補完宇宙人リーディング』(98分)が開示されます。幸福の科学出版制作の次回の映画として、『UFO学園の秘密(仮題)』の製作が始まっています。現在は、シナリオ構想中の段階ですが、さらに宇宙の探究を進め、宇宙人の秘密を解き明かし、映画の内容を補完するために、この度の宇宙人リーディングが収録されました。

このリーディングでは、「宇宙連合」の実体を探索。また、宇宙の母と思われるご存在が登場し、どのように地球を見ているのかなどが明かされ、次回作のスケールの大きさを垣間見ることができます。わくわくしてきますね。

宇宙人リーディングとは、大川隆法総裁が2010年から秘義を用いて宇宙人探査を行っており、対象者の魂の中から、宇宙人だった頃(地球で転生する前)の部分を呼び出し、その姿・形を透視したり、チャネラーを通して語らせたりするのです。過去世リーディングと似てはいますが、数億年前までの魂の記憶を甦らせるというのは前代未聞であり、総裁の霊能力がいかに類い希なものであるかを物語ります。

宇宙人やUFOについての情報公開の遅れている日本ですが、幸福の科学は未来を先取りしています。2015年4月開学予定の幸福の科学大学では、100年後、200年後そしてその先どのような未来が待ち構えているかということから逆算して、「では、どのような学問、研究を今始めなければならないか。」という発想でカリキュラムが組まれています。ですから、世界初、史上初の未来創造のための学問機関になるということなのです。将来はUFOの研究も始めると聞いていますので、2015年予定の映画は幸福の科学大学の開学に伴い、いよいよ宇宙時代が日本発でやってくることを暗示しているといえるでしょう。

今年は「鉄腕アトム」誕生61周年(1952年4月)と初の国産テレビアニメ放送開始(1963年1月)50周年だそうです。手塚さんの描いた夢にやっと近づいてきました。ロボット工学学者たちの多くが幼少時代に『鉄腕アトム』に触れたことがロボット技術者を志すきっかけとなっているそうですから、現在の日本の高水準のロボット技術力にはこの作品の貢献が大きいともいえるのではないでしょうか。そして、映画「UFO学園の秘密」を見た子供たちが将来UFOの研究に携わるかもしれませんね。



幸福の科学大学は、ユートピアの礎です。

未来国家創造の基礎であり、全世界の夢と希望です。


大学に関しましては、すべてが「日本の未来を建設する」というところに集約されていると思います。日本の国を再創造して、さらにもう一段の発展をつくると同時に世界のリーダーとして世界を発展させるための礎とする。あるいは、大きく言うならば、「新文明の源流の発信基地」にしたいという気持ちを強く持っております。(法話「幸福の科学大学と未来社会」より)




宇宙人が常識になる日
幸福の科学 大学準備室公式サイト 
Preparatory Office for Establishing Happy Science University

【今日の一転語】
創造的に生きるには、勇気が要ります。人の批判に耐え、勇気を持って、人と違うことをもやってのけなければダメなのです。
『創造の法』 第1章より


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。