スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 神秘の扉が開き、真実が甦る

  • 2012/09/12(水) 02:02:35

無shinpi


10月6日(土)から、映画「ファイナル・ジャッジメント」に続く近未来予言映画第2弾、アニメーション映画「神秘の法」が全国一斉公開されますが、この映画は題名の示すとおり、私たちの生きている「この世界は、目に見える世界だけではない」 、宇宙、霊界、心の世界、心の宇宙など「この世とあの世を貫く」とてもとても神秘に満ち溢れた広大無辺な世界に生きているということをテーマにした、ある意味常識破壊の映画なのです。

2005年年初に法シリーズ第10巻「神秘の法」が発刊されましたが、そのまえがきにはこのように書かれています。

『この本を手にとって、いったん読み始めると、あなたの「常識」は一時間で崩壊するであろう。そう、学校もマスコミも、本当のことは教えてくれなかったのだ。 どう疑おうとも、これが大宇宙の真相なのだ。・・・』

映画では、予知能力を持った主人公が唯物論国家の支配から祖国を取り戻そうとする姿が描かれていますが、宇宙人、霊存在(神々、悪魔をはじめとする)を巻き込んで単に祖国のためではなく「地球の未来をかけた」戦いへとスケールアップしていくのです。そして主人公に「神秘の力」が臨んだとき、世界は新しい時代を迎える・・・ 

これはアニメーションの世界の作り話ではなく、リアルタイムで現実世界に於いて同時進行しているのだということを、どれだけの人が受け入れることができるか、信じることができるかということが今後の日本や世界を創っていくのだとも言えます。ある意味、この映画自体が「ファイナル・ジャッジメント」でもあるのです。

未来予言をはじめ、霊界・奇跡・宇宙人など「目に見えないもの」をテーマにしたこの映画は、日本国内だけでなくアメリカ4都市、香港、台湾、韓国などでも同時上映されますが、世界に発信するに相応しいスケールとなっていますので、どうぞお見逃しなく!


「神秘」の奥には真実がある ~「神秘の法」PR movie~ 



◆映画『神秘の法』公式サイト ≫≫ 
◆劇場情報 (THEATER)  ≫≫
◆神秘体験調査:日本人の74%が、何らかの「神秘体験」をしている。≫≫
◆映画『神秘の法』をもっと知りたい方にお勧めします。
映画製作関係者だけが知っていた「本邦初公開」の内容が満載。映画の「意図」、そして「裏の意図」まで明かされています。
「映画『神秘の法』が明かす近未来シナリオ」≫≫


      



◇チケットお問い合わせ
東京中央支部 ≫≫
Tel:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



【今日の一転語】
死後の生命について知ることは、ある意味では、いちばん大事なことです。たとえ、その他もろもろの、この世的な知識を学ばなかったとしても、「死後、あの世で、まだ命があるのか、ないのか」という点については、真実を知らなくてはなりません。この一点について真実を知らなければ、人生の意味が、がらりと変わってしまいます。「人生は、この世限りで、死んだら終わり」ということならば、それなりの生き方がありますし、昔話などが言うように、「死んでも、あの世がある」ということならば、それにふさわしい生き方をしなくてはなりません。どちらであるかによって、生き方が大きく変わるのです。
『神秘の法』 第1章より


映画「神秘の法」公開(10/6)まであと24日!



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。