スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・カンターレとは

  • 2012/08/25(土) 20:56:58

2012/08/23 に公開 
宗教法人幸福の科学公式サイト 


エル・カンターレ



◆エル・カンターレ

幸福の科学の信仰の対象は、主エル・カンターレです。

エル・カンターレとは、「うるわしき光の国、地球」や「地球の光」という意味で、その名の通り、地球の最高神です。

全人類の魂の親である主エル・カンターレへの信仰、地球神信仰によって、地球はひとつになることができます。

宗教は、その時代時代で、人類の進むべき北極星を示してきました。
しかし、キリスト教やイスラム教など、現在の世界宗教だけでは、その役割を果たせなくなりつつあります。

実際に世界情勢を見ると、様々な信仰や価値観が対立し、お互いを理解できずに混乱しています。

人類には新しい北極星が必要とされているのです。

主エル・カンターレは、地球のすべての神々を導く存在であり、キリスト教的にはイエス・キリストが「わが父」と呼んだ方、イスラム教的にはアッラーです。

そして、主エル・カンターレは、現代の日本に大川隆法総裁として生まれられ、西洋文明と東洋文明を日本という地で融合し、全人類を導く教えを説かれています。

大川隆法総裁は、あらゆる宗教対立を終わらせ、希望の未来を拓くために、いままさに不惜身命の救世活動をされているのです。

◆エル・カンターレ紹介ページ ≫≫




大川隆法総裁 プロフィール



2012/07/17 に公開
幸福の科学 大川隆法総裁 プロフィール

1956年7月7日、日本の徳島県にご生誕され、1981年3月23日に大悟(悟りを開き、霊界と同通)。同年7月には自らが全人類を幸福へ導く使命を持つエル・カンター¬レであることを自覚され、1986年10月、仏法真理の伝道のために「幸福の科学」を設立されました。その後、宗教家として、さらには、混迷の時代を舵取りする国師、ワー¬ルド・ティーチャーとして、グローバルな活躍をされています。
その教えは、普遍的な宗教的真理を中心とし、世界の政治・経済情勢などに対する具体的なオピニオンも数多く発信。これまでに全国・全世界で1,700回を超える法話・講演¬をされています。その講演の多くが経典・書籍として発刊されており、数多くがベストセラーとなっています。その発刊数は900冊を超え、2011年1月には、年間52冊の¬発刊数が、年間最多発刊記録としてギネス世界記録に認定されました。


◆大川隆法総裁紹介ページ ≫≫
◆幸福の科学グループ 創始者 兼 総裁 大川隆法 講演会サイト ≫≫


特集・現代に救世主はいるか(Lberty Web 2012.06.24)
現代の大救世主・大川隆法総裁とは - 特集・現代に救世主はいるか(Lberty Web 2012.06.24)


【今日の一転語】
人間に個性というものが与えられ、それぞれの人が独立して生きている以上、共に楽しく生き、幸福になってゆくためには、他人の気持ちになって、勇気をもって自らの過ちをわびてゆくことが必要ではないでしょうか。
■参照書籍
『反省の手引き』(非売品)


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。