スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本核武装論議

  • 2012/08/07(火) 00:33:50

幸福実現党では一貫して「核武装」の必要性を訴えていますが、一方では「核武装は必要ない」という意見もあります。8月2日の幸福実現TVでは、この必要ないというご意見をお持ちの高井三郎氏をゲストに、どういうことなのかをご説明いただきました。視点を変えてみると、武装兵器と外交上の切り札という異なる用途で考える必要性もあるようです。核の問題は感情論に持って行きやすいのですが、合理的な視点や論議で冷静に判断することが大切ですから、多くの判断材料があるのは良いことです。

※高井三郎(たかい・みつお)氏プロフィール
軍事評論家。 1952年12月、保安隊第一連隊(練馬)に一般隊員として入隊。1958年に陸上自衛隊第一戦車大隊(習志野)から幹部候補生学校(久留米)に入校。翌年、三尉任官後、第九特科連隊(岩手)及び、第十二特科連隊(宇都宮)にて射撃小隊長、大隊本部幕僚を経て東部方面調査隊相馬原派遣隊長。陸上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程卒業後、主に幹部学校、幹部候補生学校、高射学校、及び、需品学校で戦史・戦術の教官・研究員を勤め、1988年に退官。現在は軍事分析の専門家として活動。森野軍事研究所・米軍資料科翻訳分析部長。日本防衛装備工業会(JADI)、防衛技術協会、米陸軍協会(AUSA)の各会員。
著書:知っておきたい現代軍事用語―解説と使い方(アリアドネ企画)、第四次中東戦争―シナイ正面の戦い(原書房)、国連平和維持軍―アメリカ海兵隊レバノンへ(ベニス・M. フランク)他


日本核武装論議


8月9日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「公教育が抱える諸問題」



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫

ユートピア活動推進館では政党研修が行われています。大将軍、韓信の特別霊指導による「常勝立国の兵法」という研修も予定されているそうです。
・8月スケジュール ≫≫ 
・9月スケジュール ≫≫

【今日の一転語】
少なくとも、自分も相手を完全には理解していないのであるならば、相手に完全に理解されることを望んではならないと思います。
■参照書籍
『瞑想の極意』 第4章

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。