スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄のルーツはどこ?

  • 2012/07/13(金) 08:27:09

11日に引き続き、昨日も再び日本の領海を侵犯した中国漁業監視船。「尖閣諸島は元々自国領土」と言ってはばからない中国に対して、何ら歴史的主張・理論武装もせず、未だ無策の日本政府。一体いつまでこのままでいるのでしょう。7月12日の幸福実現TVは明星大学戦後教育史研究センターの勝岡寛次先生をお招きし、沖縄の「ルーツ」はどこにあるのかを様々な角度から徹底的に検証しました。

「沖縄のルーツは?」と聞かれて、まともに答えることのできる人はなかなかいません。与那国島をはじめ海底遺跡があちこちにあり、海外では相当話題にもなっていますが(ムー大陸時代の遺跡か?など。日本では「人工である確証なし」ということになっています)、そんな「ロマン溢れる沖縄・琉球」、「観光の沖縄」というのが本土での一般的な認識というのも、本当に情けない限りですが、実際のところどこがルーツなのでしょう・・・ 「琉球王国歴史書」の話、人類学的、言語学的観点からなど、とても興味深いお話を聞くことができました。もし占領されたら、そんな歴史や貴重な資料の数々は全て焚書扱いになって抹殺されてしまうのです。

ベストセラーにもなった『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』(小学館文庫)など、勝岡先生の著書の題名を見ると、嫌韓・嫌中かと勘違いしてしまいそうですが、日韓教育文化協議会の日本側事務局長をされるなど、長年にわたり日韓友好にも尽力されてきました。政府が進める「日韓歴史共同研究」を様々な角度から研究されたり、常に具体的な裏付けを取りつつ数々の著書を著していらっしゃいます。国防のみならず、真の友好は、正しい歴史観に裏打ちされた自信なくしては築けないとも感じさせられるお話の数々です。

※勝岡寛次先生プロフィール
1957年(昭和32年)生まれ。広島県出身。
早稲田大学第一文学部卒業。早稲田大学大学院博士課程修了。
歴史学者。現在、明星大学戦後教育史研究センター勤務・同大学非常勤講師。
専門は日本教育史。日台交流教育会事務局次長。
「日本の教育改革」有識者懇談会事務局長。
国語問題協議会評議委員。
◆著 書◆
・『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』小学館文庫
・『これだけは知っておきたい日中問題20のポイント 東シナ海ガス田開発・「南京大虐殺」・チベット人弾圧 日中関係の現状と課題とは』 明成社
・『韓国と歴史は共有できない』小学館文庫
・『これだけは知っておきたい日韓問題20のポイント 真の友好を築くために 古代史から現代に亘る、「反日」の論理の不当性を徹底検証!』 明成社 
・『沖縄戦集団自決――虚構の「軍命令」マスコミの報道ではわからない県民集団自決の真相に迫る!』 明成社  他


沖縄のルーツはどこ?


7月19日(木)21:00~の幸福実現TVは
ついき党首を迎え、「オスプレイの真実」に迫ります



中国漁業監視船が再び領海侵犯 尖閣諸島(2012.7.12 産経)
新たな漁業監視船も 中国、尖閣で2日連続領海侵犯(2012.7.12 産経)
中国監視船3隻が領海侵犯 監視船「妨害するな。直ちに中国領海から離れろ」 (2012.7.11 産経)
中国漁業監視船編隊、日本側船舶に退去要求(2012-07-12中国国際放送‎)
中国が尖閣海域への漁船進出を解禁へ 大挙して漁船が押し寄せる?(2012.07.12 Liberty Web)

【今日の一転語】
自分のできるところから愛を与えていきましょう。
■参照書籍
『幸福の法』 第4章


大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛追加上映中!


◇追加上映の東京の映画館◇
・新宿ミラノ座 7/13(金)終了(①10:40~12:45 ②13:00~15:05 )
・ユナイテッドシネマ豊洲 7/13(金)①10:45~12:45
・W・M板橋 7/13(金)  ①9:30~11:35
7/14(土)~7/20(金) ①8:55~11:00

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。