スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目から鱗の第一回『HAPPY SCIENCE GINZAセミナー』!

  • 2012/06/25(月) 00:01:07

先日お知らせしましたが(この記事)、昨日第一回めの『HAPPY SCIENCE GINZAセミナー』が開催されました。参加対象者が「成功を志す若者」となっていたとおり、HAPPY SCIENCE GINZAの2階は「志を秘めた」若者たちで埋まり、読書好きの方はもちろんのこと、最近読書に興味を持たれた方も大満足のお話を、村上俊樹講師(『ザ・リバティ』編集部部長)より聞くことができました。

セミナーの演題が「DEAD or READ~読むか死ぬか。30代で『目が死んでるよ』と言われないためのサバイバル読書術」ということで、一体どういう内容なのか?と気になった方も多いのではないでしょうか。まさに演題がピッタリの内容でした。

読書好きになると、本の内容はもちろんですが、作者について、その本が出版されるに当たっての背景、知れば知るほど必要になってくる他の情報や知識etc. 関心の領域は広がる一方なのですが、どうしても自分の認識できる範囲でしか見ていない面が多々あります。また、通常は誰も読書が危険などとは思わないでしょうが、実は読書にはかなり危険な面もあるのです。(小中学校の読書コンクールなどの課題図書に「えっ!?こんな本を!?」と心配になることもあります。)お気づきになっていらっしゃる方も多いと思いますが、その日の心境によっても危険度が変化もするのです。また、高齢者が脳を衰えさせないで鍛えることのできる(つまり、○ケない・・・)本や読み方ってあるの?そして、効率のいい本の読み方は?そんな疑問の数々を満足させる、今まで気付かなかった読書についての「目から鱗」の数々のお話に一時間半があっという間に過ぎてしまいました。

次回の『目が死んでるよ』と言われないための』読書術(なぜ30代で・・・が前につくかも参加された方はきっとお分かりになったはずです。)のセミナーも自信を持ってお勧めいたします。昨日のセミナーのVTRも見ることができるようですので、詳しくはブックカフェ「HAPPY SCIENCE GINZA」にお問い合わせください。

AwH1raQCEAIVYvp.jpg
Book Caféから夜の銀座の街並みが見えていますが、
外からもセミナーの様子がとてもよく見えていました。



◇お問い合わせ
HAPPY SCIENCE GINZA
営業時間:Open 11:30 Close20:00
東京都中央区銀座2-2-19 ≫≫ 
TEL: 03-3535-3781
E-mail : happyscienceginza@gmail.com
HAPPY SCIENCE GINZA Facebook ≫≫
●JR山手線「有楽町」京橋口より徒歩3分
●東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」4番出口の前



【今日の一転語】
自分の自由にならないことを5年も10年も悩んでいるよりは、自分の自由になる部分、すなわち、自分の思いの部分を変えていく努力をすることです。
■参照書籍
『人生の発見』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと4日



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。