スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/30 幸福実現党TV「江夏が吼える!!」

  • 2013/05/30(木) 22:09:57

従軍慰安婦」問題を巡る他の国の思惑など、日本国民には馴染みの薄い他の国のロビー活動について、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」問題に親和性を持ちやすい、アメリカ民主党政権とはどういう政党か、など様々な角度からのお話です。いつもながら、江夏さん、あえばさんがとても分かりやすい解説をしてくださっています。

戦略・手段の明確でない今の日本の政治ですが、選挙に都合のいい情報とは無縁の幸福実現党は、国内だけでなく海外に向けても正しい情報を発信していきます!!



Video streaming by Ustream
次回の幸福実現TV は6月6日(木)21時~
参院選徳島選挙区から出馬する小松ゆかさんを迎えて
「神様に愛される国創り」



◆幸福実現TV ≫≫ 
◆幸福実現TV過去のライブ一覧≫≫    ≫≫



【今日の一転語】
「魂」の存在を抜きにして、正しい人生のあり方や人生の意味をいくら問うても、根本的な解答を得ることはできません。この世の部分だけを取り上げて人間の生き方をいろいろ議論しても、本質に辿り着くことはできないのです。
『生命の法』 第4章より


◆Today's Words of Wisdom ◆
What you see as an insurmountable problem is in fact nothing more than a mirage. It is simply your own karma appearing before you in the form of some problem or worry. You have to win this match at all costs.
   From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

緊急発刊!!“歴史認識を正す必読書 東條英機と本多勝一の霊言“

  • 2013/05/26(日) 00:40:43

先日この記事で「東條英機の霊言」をご紹介いたしましたが、この度この霊言と同時期に収録された衝撃のスクープ、「本田勝一の霊言」(※)と共に、5月24日に幸福の科学出版より緊急発刊されました。

朝日新聞社関係者、マスコミ、日本の正しい歴史観を知りたい方はもちろんのこと、全ての日本人必見の書籍です。

霊言の途中で、本多勝一が回心の兆し?(総裁コメント⇒ 「(本多守護霊は)光の体験をした。荘厳なるものを見たのだと思う」)やはり、人間には仏性があるということを目の当たりにした霊言です。

以下、Liberty Web 2013.05.25より 

次の言葉は誰よりも、歴史認識問題でブレはじめた安倍晋三首相に聞いてもらいたい。

「従軍慰安婦と南京大虐殺の話があるけど、私は断固認めないからね! 日本軍人のモラルの高さはね、世界最高水準だったんだ。これについては絶対、絶対に譲らない!」
「私を永久に呪っても構わないけどね、日本のために戦って死んだ三百万の英霊を祀ることぐらい、義務ですよ! あなたがたは、それを、どうして外国人に対して説得できないんですか! 私たちは、そんな悪人じゃないですよ!」

血を吐くような男泣きでそう訴えたのは、太平洋戦争開戦時の首相で、A級戦犯として絞首刑に処された東條英機氏の霊である。これは、今月10日に幸福の科学の大川隆法総裁が収録した公開霊言の緊急発刊として、28日に全国書店で発売される『東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る』からの引用だ。大川総裁がこの時期に東條氏の霊を呼び出したのは、憲法9条改正が直近の参院選や、続く衆院選の「最大のテーマの一つとなると思うので、霊的真実を確かめるのが私の使命であると考えたからである」(まえがきより)という。

記者はこの霊言をその場で聴いたが、途中、涙が幾筋となく流れた。本書を読めば誰もが「この人は嘘を言っていない。日本のために戦い、潔く敗戦の責任を引き受けた立派なリーダーだ」と感じるだろう。そして、いわれなき日本非難を続ける中国、韓国、そして日本国内の反日勢力に、改めて怒りが湧いてくるだろう。

大川総裁は本書の「あとがき」でこう述べている。「新興侵略国家からこの国を守らなくてはならない。政府よ、もう謝るのはやめよ。『日本を取り戻す』のではなく、『日本の誇りを取り戻す』ことが大切なのだ」。日本の誇りを取り戻したいすべての人に本書をお勧めする。

同じく28日、東條氏の霊言と対をなすような、国内反日勢力の一人だった人物の衝撃の告白も緊急発刊される。『本多勝一の守護霊インタビュー -朝日の「良心」か、それとも「独善」か―』だ。現在80歳前後(生年不詳)の本多氏は、かつて朝日新聞のエース記者として活躍し、中国人の証言をもとに日本兵による「百人斬り」を報道。この記事をきっかけに「南京大虐殺」があったかのような印象が広まった。だが今回の霊言(15日収録)で本多氏の守護霊(潜在意識の一部)は、百人斬りと南京大虐殺そのものが「でっち上げであり、なかった」ことを認めた。

今回の韓国人女性ら訪日の顛末も物語るように、「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」は中国・韓国・一部国内メディアによるでっち上げであり、それらに基づく「自虐史観」は断固、正されねばならない。2冊の霊言は、異なる立場から歴史の真実を証言した、霊的観点からの第一級史料と言えよう。


※本多勝一(ほんだかついち)(1931年~ ※諸説あり)
・ジャーナリスト。元『朝日新聞』編集員。著書『中国の旅』で、日中戦争から太平洋戦争の時期の、中国大陸で日本軍が行ったとされる行為(平頂山事件・七三一部隊・南京事件・三光作戦)を報道。大きな反響を呼んだ。


『公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る』
Book東條

新興侵略国家からこの国を守らなくてはならない。政府よ、もう謝るのはやめよ。
「日本を取り戻す」のではなく、「日本の誇りを取り戻す」ことが大切なのだ。
(「あとがき」より)


『本多勝一の守護霊インタビュー』-朝日の「良心」か、それとも「独善」か
Book本田勝一


ありもしない日本兵による中国人の「百人斬り競争」、「南京三十万人大虐殺」、
軍部の強制連行による「従軍慰安婦制度」などが、虚偽にもとづいて日本人を
卑屈にさせる作戦だったことが判るようになるだろう。
(「あとがき」より)




5月18日より全国の精舎・支部・拠点にて公開されている『本多勝一の守護霊インタビュー』では朝日系文化人、戦後左翼の教祖的存在である本多勝一氏の守護霊が、南京大虐殺や従軍慰安婦が捏造であったことを認め、回心の兆しを表しています。 真実の歴史認識を伝えることで、幸福実現党と、自民党や維新の会との違いも明確になります。

● 憲法改正を阻む最大の原因である「自虐史観」。
● その源流となった南京大虐殺を捏造した書籍『中国の旅』の筆者の守護霊インタビュー!
● 戦後史最大のタブーが、ついに明らかに! 南京大虐殺はなかった!?
● 朝日新聞は、滅ぶか転向か!
● 霊言の途中で、本多勝一氏が回心の兆し?

霊言のお問い合わせは → 精舎・ 支部・拠点

● 東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com


◆ 幸福実現党 矢内筆勝党首の「南京大虐殺」についての講演の様子は、こちら ↓ ↓


「南京大虐殺」は中国と朝日新聞の捏造【矢内筆勝講演】




【今日の一転語】
インスピレーションを受けるには、その前提として、生活態度を正し、正当な努力の習慣を確立することが大切です。
『創造の法』 第4章より

◆Today's Words of Wisdom ◆
If you experience failure, think of how you can use it as a lever with which to achieve something positive. This is one aspect of putting into practice a revolution in perspective.
  From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




祝「幸福実現党」立党4周年!!

  • 2013/05/23(木) 21:49:18


この国に生まれ、

この時代に生まれてよかったと、

人々が心の底から喜べるような

世界を創りたい。

「幸福実現党が目指すもの」より
幸福実現党創立者 兼 総裁

大川隆法



今から4年前の2009年5月、国防の強化について語る政党は皆無、8月の第45回衆院選で民主党が政権を握りそうな気配も高まってますます国防の必要性が出てきた中、「毅然たる国家」として独自の防衛体制を築くことを掲げ、消費景気の拡大を打ち出して突然立党した「幸福実現党」。理解者、応援者も増え、「日本をもっと元気にする」ためにますますがんばっています!!

当時、こんなYouTube映像や、こんな映像が「??ホントのニュースかと思った!!」と話題になりましたが、今ではこれは冗談では済まない情況となっています。

自分の国に帰れなくなった東トルキスタン(ウィグル自治区)や内モンゴル自治区の人たちが、国内でも随分前から『実行支配』の恐ろしさを訴えてきていましたが、最近やっとその恐ろしさに気付く人も少しは出てきたという情況でしょうか。地上げ屋という職業?があるくらいですからあり得るとは思うものの、国家間でそのようなことがまかり通るということを知らないまま過ごしてきたつけは大きいです。これも間違った教育の結果といえましょう。相手を知り、自分を知り、調整力を高めていくということも教育に必要なことではないでしょうか。だからこそ、その部分を埋めることのできる宗教政党が必要なのです。


幸福実現党は3つの挑戦で、 

日本をもっと元気にします!

◆ 国防強化-愛しているなら国を守ろう!

◆ 消費増税中止で強い経済へ!

◆ 老後もイキイキ!生涯現役社会!


幸福実現党の政策(立党4周年ビデオ)




◆ お 知 ら せ ◆
5/25(土) 拓殖大学客員教授 潮匡人氏講演会
『国益とは何か-海洋国家・日本を守るために』
 


来る5月25日(土)、出版講演会『国益とは何か-海洋国家・日本を守るために』を開催させて頂きます。

中国の尖閣諸島での領海、領空が脅かされる中、5月8日付の中国共産党機関紙「人民日報」は、日本の敗戦により「琉球の領有権」は日本になくなったとした上で、沖縄の「領有権」問題を議論すべきだと訴える論文を掲載しています。

日本を守るために「国益とは何か」を明らかにした上で、海洋国家日本を守るためにこれからどうあるべきかについて、月刊『正論』や月刊『WiLL』でもお馴染みの「保守の論客」として名高い、拓殖大学日本文化研究所客員教授、潮匡人先生に御講演を頂きます。

幸福の科学出版の新刊書『日本の国益』出版記念講演会&サイン会も兼ねさせて頂きます。党員・一般の方どなたでもご参加頂けます!ぜひ、ご友人をお誘い合わせの上、ご参加ください。

ご参加のお申し込みは、「お名前(ふりがな)」「ご希望の講演会」を明記の上、下記までメールをお送りくださいますよう、お願い申し上げます。 ⇒ 公開講演会事務局【info@hr-party.jp】

◆出版記念講演会「国益とは何か-海洋国家・日本を守るために」
【日時】5月25日(土)14:00~16:30
【講師】拓殖大学日本文化研究所客員教授 潮匡人
【場所】東京・ユートピア活動推進館 ≫≫
【会費】1,000円

■潮 匡人(うしお・まさと)先生プロフィール
昭和35年、青森県生まれ。早稲田大学法学部卒。同大学院法学研究科博士課程前期課程修了。卒業後航空自衛隊勤務、聖学院大学専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大学准教授等を経て現在に至る。
拓殖大学日本文化研究所客員教授、国家基本問題研究所評議員、評論家。 著書に『自衛隊はどこまで強いのか(共著)』『日本を惑わすリベラル教徒たち』『司馬史観と太平洋戦争』『「反米論」は百害あって一利なし』『尖閣激突(共著)』(扶桑社)などがある。



【今日の一転語】
宗教は、方向の違う二つのベクトルを持っています。「自分自身が心を安らげて平和になっていこう」という方向と、「多くの人のために何かをしなければいけない」という方向と、この二つがあるのです。
『感化力』 第二部 第1章より

◆Today's Words of Wisdom ◆
Limiting your decision-making to a simple yes or no choice, I would like you always to try to find a third option. This is extremely important and the difference between the lives of those able to think in this way and those who are not will be quite marked.
  From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 





激震スクープ! 元慰安婦「これまでの証言はウソだった」

  • 2013/05/22(水) 23:09:03



来日2女性の守護霊が"新証言″

「神に誓って従軍慰安婦は実在したか」



従軍慰安婦



本日22より、全国でLibertyの号外が配布されていますが、同時に大川隆法総裁による霊言、「神に誓って『従軍慰安婦』は実在したか」が全国の支部精舎で開示されました。
5月24日橋下市長と元従軍慰安婦と称する二人との面談が予定されていますが、場合によっては、従軍慰安婦問題により、橋下市長のみならず、日本国全体が“原罪”を背負うことになりかねません。 面談の前に、“自称”元従軍慰安婦の二人の守護霊を呼び出し、本心に迫ります。予想はしていたものの、衝撃的な証言です。
国内には、戦後の引き上げ前まで大陸に住んでいらした90歳、80歳代の方々がまだまだ健在で、いくらでも証言してくださるはずなのに、そういう方々の体験、意見、証言というのは全く日の目を見ないままです。TV・新聞を始めとするマスコミの情報操作の罪はあまりにも重いと断言できます。
尚、この霊言は今月末、全国の書店にて発売予定となっております。

幸福の科学グループ創始者兼総裁 大川隆法先生
◆政党御法話◆
「神に誓って『従軍慰安婦』は実在したか」 (107分)

☆☆☆☆☆☆☆☆

≪本編・抜粋版(約30分)≫

【開示日】
明日 5月22日(水)

【開催場所・お問い合わせ】
●開催場所 → 精舎・ 支部・拠点 
●東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com


< 全ての日本人よ、もうこれ以上ウソに騙されるな! >


◆語るに落ちたり!次々に暴かれていく、矛盾、ウソ、捏造!!

・慰安婦問題とは、○○経済の一割を占める風俗産業振興のための国策だった!!

◆日本を陥れようとしている、大きな国家的勢力とは?

◆ミサイルは、中国や北朝鮮だけではない?!「私たちは、韓国から発射された“○○○ミサイル”」

◆強制連行の欺瞞(ぎまん)!!“自称”元従軍慰安婦は、ただの○○○だった。

・「私たちは、今のスターの前身。外見がよくて試験にパスしないと○○○になれない」

・「大会社の部長くらいの収入がある。一番収入のいい職業なのよ……10倍はある」

◆韓国よ、早く、真実の信仰心に目覚めよ!

詳細は、
公開霊言抜粋レポート ⇒ ⇒ 2013.05.22 Liberty Web 

・「従軍慰安婦」問題とは何か?
・日本に「原罪」をつくろうとする動きを見過ごせない
・「日本兵は優しかったよ。韓国人の管理人が暴力を振るった」
・「11歳の売春婦なんて、いるわけがない。バカじゃないの」

<今回の霊言では、さらに次のような点についても、新たな真実が明らかになった。>
• 1990年代以降になって、なぜ韓国がさかんに慰安婦問題を持ち出したのか?
• 自分たちの背後には、どういう勢力がついているのか?
• 日本の中で慰安婦問題を工作する人々とは?
• 韓国国民の90%が当てはまるという「国民性」とは?



◆◆◆「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。詳しくは ⇒⇒⇒ 大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
⇒⇒⇒ ここまできた「霊界の実証」! ◆◆◆


【今日の一転語】
天意によっても生かされ、自分の才能や精進によっても生かされる道が最高なのです。
『勇気の法』 第2章より


◆Today's Words of Wisdom ◆
At every opportunity, the power of the will is very significant. "You are what you think," is an eternal truth.
From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 

無念の涙!「東條英機の霊言」

  • 2013/05/14(火) 00:44:07

1946年、東京裁判(極東国際軍事裁判)において東條英樹を始め、当時の指導者28名が開戦の責任を問われ、通常の戦争犯罪(B級犯罪)に加えて「平和に対する罪」(A級犯罪)でも起訴されました。戦後、様々な議論の成されている東京裁判ですが、この度太平洋戦争開戦時の首相であった東條英樹の霊言が収録されました。

250px-Hideki_Tojo.jpg


東條英機が「なぜ、日本は戦争に突入したのか。開戦前夜の日本の置かれた状況」など について語ります。

憲法改正論議が高まりつつある現在、マスコミはまたもや改正に対してのネガティブ報道を始めてていますが、本霊言を拝聴することで、私たちの歴史認識は正しいか、戦後教育に毒されているのではないかということを実感できます。

東條英樹氏の無念の思いに、霊言に立ち会った聴聞者の多くが涙したと聞いています。ぜひ、多くのみなさまにご覧いただきたいと思います。

筆者はこの東京裁判で重光 葵(しげみつ まもる)氏―大戦中の外務大臣はじめ数名の戦犯の弁護をした George A. Furness氏の秘書をしていました。弁護士としての正義観の強い方で、東京裁判においても一弁護士として「公平」を貫きたいと思ったと語っていらしたことを思い出します。私事ですが、この場をお借りしてお伝えさせていただきました。感謝。


◆「東條英機の霊言」 (118 分)◆

・憲法を改正すべきなのか?
・中国の軍事的脅威にいかに立ち向かうか?
・日本がアメリカに主張すべきことは?
・満州国は日本の傀儡であったのか?
・靖国参拝の意義とは?
・従軍慰安婦や南京大虐殺の真実は?
・東條英機は今、どのような境遇にあるのか?

※ 黒川政調会長による本霊言の解説もございます。

● 開催場所・お問い合わせ → 精舎・ 支部・拠点
●東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com

IMTFE_court_chamber.jpg



◆◆◆「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。詳しくは ⇒⇒⇒ 大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
⇒⇒⇒ ここまできた「霊界の実証」! ◆◆◆




【今日の一転語】
あなたが、今、何らかの苦難に直面しているならば、それは、「あなたは、それだけの苦難に立ち向かうべき人物である。それだけの試練に遭うべき人物である」ということを教えてくれているのです。
『未来の法』 第1章より

◆Today's Words of Wisdom ◆
Nature will always provide you with opportunities for self-reflection. When this happens, you usually become intensely introspective, and this time is actually very important for your soul.
  From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 



「ヘルメス大祭」のご案内

  • 2013/05/13(月) 00:08:44

ヘルメス像
大阪正心館ヘルメス像


風薫る5月、若葉の緑が眩しい季節となりました。全国の幸福の科学の精舎・支部では主エル・カンターレの魂の分身であるヘルメス神に、ご指導・ご支援いただいていることに感謝し、ユートピア建設を誓う大祭が行われています。発展・繁栄の神ヘルメスの明るく、大らかで、力強い御光をいだだき、自らも繁栄の体現者となって、地域に、日本にそして世界に豊かな光を流してまいりましょう!!

東京中央支部では、5月19日(日)11:00 ~ 12:00 に開催いたします。参加ご希望の方は支部までご連絡お願いいたします。

●東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com

※精舎での開催は12日までとなっており、現在支部のみでの開催となります。開催日時はそれぞれの支部によって異なりますので、詳しくはご参加をご希望の支部にお問い合わせください。 精舎・ 支部・拠点  ≫≫ 


ヘルメス


◆ヘルメスは、約4,300年前、古代ギリシャのクレタ島シティアの王子として生まれ、後に全ギリシャの王となった方です。貨幣経済と貿易システムを生み出し、地中海に一大繁栄圏を築きました。さらに「愛」と「発展」の教えを説き、宗教家としても活躍。西洋文明の源流となります。「(あの世とこの世をつなぐ)通信の神」「旅行の神」「商業の神」として知られ、霊的な存在であると同時に、この世でも通用する合理的な思想を持ちあわせる英雄でした。



【今日の一転語】
自らの過去を振り返ってみて、人を愛したことがないと思われる方は、同時に、人に感謝したこともないのだと思います。あるいは、人といわず、天地や万物に、そして大いなる仏神に感謝したことがないでしょう。
『悟りの極致とは何か』 第4章より


◆Today's Words of Wisdom ◆
Invincible thinking is an attitude: No matter what happens in your life, you can always find something positive, and turn any situation to your advantage.
If you practice this philosophy, you will become convinced that there is no such things as a crisis or hardship, only a continuous series of opportunities.
  From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa



◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 


5/9幸福実現TV 「道州制が国を滅ぼす!」

  • 2013/05/09(木) 22:31:26

自公政権は、道州制の導入手続きを定める道州制推進基本法案をまとめ、今国会への提出を目指しています。

「日本解体」の元凶である「道州制」「地域主権」については、自公のみならず、民主党、みんなの党、日本維新の会等が一体となって強力に推進していますが、国が一つにまとまり、この国難を打開していかなければならない時に国を分散させる制度を許してはなりません。とても怖い結果が待っています。

5月9日の幸福実現TVは、幸福実現党の黒川政調会長を迎え、まず憲法96条改正についての幸福実現党の考えについて、そして国家解体法案である「道州制」の危険性についてお話しいただきました。ともすれば、メリットばかり聞かされているこの問題については、今月の「アー・ユー・ハッピー?」P.76[近未来シミュレーションまんが]― 「もしも、道州制が実施されたら?」で、黒川白雲氏の解説記事にとても分かりやすくご説明くださっています。

【プレスリリース】憲法96条改正についての幸福実現党の考え方(2013年5月9日)



Video streaming by Ustream

次回の幸福実現TVは、2013年5月16日(木)21時~
岡山県参院選選挙区、安原そのえさんを迎えて
「晴れの国"おかやま"からの挑戦」



※「Are You Happy? 2013年6月号」
[近未来シミュレーションまんが]― 「もしも、道州制が実施されたら?」

○ 道州制とは?
○ 道州制のメリット、デメリット
○ なぜ道州制にしようとしているの?
○ いつごろ道州制に変えようとしているの?
○ 行政サービスが向上する?
○ 財源や税金はどうなるの?
○ 道州にはどんな権限が与えられるの?


cf05bb031b9824ff7e08461f40afbdd8.jpg

<道州制は、日本という国家の自殺につながるのです>



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫



【今日の一転語】
自分を憐(あわ)れむ心によって、自分自身が幸福になることはないし、他人を幸福にすることもないのだと、知らなければなりません。
『愛、無限』 第2章より


◆Today's Words of Wisdom ◆
Invincible thinking is a philosophy containing the power to achieve true victory in life.
From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 

映画「尖閣ロック」上映決定!

  • 2013/05/08(水) 22:58:14

2012年、中国本土で反日デモが激化、1万隻もの漁業監視船や漁船が尖閣諸島に向かったと報道されていた9月18日、二人の日本人が尖閣諸島魚釣島に上陸しました。ひとりはロックミュージシャンのトクマ、もうひとりは「薩摩志士の会」の福沢峰洋氏、そして尖閣に向かう彼らに同行しカメラを回し続けた園田映人氏。命がけで行動した彼らの魚釣島上陸ドキュメンタリー映画「尖閣ロック」は、6/22から【渋谷オーディトリウム】で上映されます。

よく考えれば、まさに陽明学的行動をしているにも関わらず、映像から映し出される彼らは時にはユーモアを交え、淡々と爽やかにあの魚釣島に向かっています。「平常心」と「不動心」、そんな言葉が思い浮かびました。信仰を持った人たちの「愛のかたち」、立ち上がる姿は美しいとも。

いつも「正しい歴史を知って、日本を好きになってほしい」と若者に訴えかけているトクマさんですが、この映画もぜひ若い人たちに見ていただきたいと思います。


ドキュメンタリー映画『尖閣ロック』予告編



映画「尖閣ロック」オフィシャルサイト
ドキュメンタリー映画「尖閣ロック」スタッフ座談会
◆渋谷オーディトリウム ≫≫

トクマ尖閣上陸ライブ動画(2012.09.22 LibertyWeb)
尖閣に上陸した大和魂ロッカー - トクマ 特設ページ(2012.11.21 LibertyWeb)



【今日の一転語】
「自分がいかに愛されなかったか」ということを考えるのではなく、「自分がいかに人を愛して生きてきたか。あるいは、これから生きていこうとするのか」ということを考えることです。
『幸福の法』 第5章より

◆Today's Words of Wisdom◆
Invincible thinking is a philosophy that allows people to succeed in any situation. It is a methodology that makes it possible to find lessons in both success and failure, thus encouraging the development of leadership. It is a method of shaping your future in all weathers, using a combination of positive thinking and self-reflection.
 From "Invincible Thinking", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa

◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇  
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 

Happy Science First Book Launch in Africa       アフリカ初 現地出版 !

  • 2013/05/07(火) 21:17:18

昨年6月の大川隆法総裁、アフリカ初のご説法は人々に大きな喜びと希望をもたらしましたが、この度ケニアと南アフリカで、アフリカ初の英語経典が同時発刊されました。

ケニアではMoran出版より『常勝思考』『不動心』『成功の法』の3冊、南アでは当会版『常勝思考』『不動心』2冊の、計5冊を発刊。アフリカの未来がかかった主エル・カンターレの経典出版を祝うため、ナイロビ、ケープタウン、ヨハネスブルグで行われた出版記念レセプション、プレスリリース、書店セミナーには各界から大勢の方々が集まって下さいました。 ≫≫

ケニアの首都ナイロビでは4月26日、世界的に有名な携帯電話プロバイダーSafaricom社のCEOボブ・コリモア氏と、ケニア第九代副大統領のムーディ・アウォリ氏等を招いて出版記念レセプションを開催。両氏より主の教えを引用した感動的スピーチを頂き、詰めかけた多くのT V局や新聞社から熱心な取材を受けました。

コリモア氏は成功の条件としての「永遠」の要素を『成功の法』から引用し、言葉から得た知識の実践を通して智慧に変えることの重要性を語りました。アウォリ元副大統領は、主のメッセージの奥にあるのは愛と神であると熱く語りかけ、このような真の教えを通じてケニアの若者をクリエイティブな人材に育てていくための教育の重要性を訴えました。

また南アフリカではケープタウン(4/30) とヨハネスブルグ(5/2) で南ア版新刊プレスリリース、書店セミナー等を開催。アフリカの東部と南部から一斉に主の光が輝き始めました。世界で最も危険といわれる大都市ヨハネスブルグでは、アフリカ最大の書店チェーンExclusive Books の旗艦店の売り場での書店セミナーに大勢の読者が詰めかけ、セミナーと質疑応答を通して、人類最高の成功哲学に触れた興奮の中、書店が用意していた『常勝思考』『不動心』がほぼ完売いたしました。今回の発刊を機に、アフリカ大陸は希望に溢れた光の大陸となってくことでしょう。

Moran Publishers - Ryuho Okawa's Book Launch


◆Ryuho Okawa is the founder of Happy Science, one of the fastest growing religions in Japan. He is the author of over 1,000 books including Invincible Thinking, An Unshakable Mind and The Laws of Success. These three titles are now available in Africa through Moran (E.A.) Publishers.


アフリカ初のご説法に1万人の聴衆!06/23ウガンダ 
5大陸制覇! 幸福の科学大川隆法総裁アフリカ・ウガンダ大講演会
アフリカで初の大川隆法総裁 講演会を前に、今、ウガンダでは・・・


【今日の一転語】
「自分に素直に、自分に正直に生きている中で、世の人々を喜ばせ、幸福にすることができる」という実感が得られるとき、人間は最高の幸福の状態にあるとも言えるでしょう。
『「幸福になれない」症候群』  第1章より

◆Today's Words of Wisdom◆
If you truly wish to know what courage is, you should ponder not on "how to live" but rather on "how to die."
From "The Laws of Courage", written by Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 

5/2幸福実現TV「幸福実現党 3つの挑戦(チャレンジ)!」

  • 2013/05/06(月) 00:50:04

2013年5月2日の幸福実現TVは、幸福実現党 やない筆勝党首をゲストに迎え、4月28日の山口参議院補選の報告、そして参院選を戦う幸福実現党の3つの重要な政策を述べていただきました。

現在、特に経済・国防において国難を迎えている日本を、「もっと元気にする」幸福実現党「3つの挑戦(チャレンジ)」とは?

今まさに滅びるか、復活できるかの瀬戸際におかれている日本に必要なのは何なのでしょうか。憲法九条改正には間に合わない現在、どうしたらいいのか?また、日本ではなかなか報道されない、現在の尖閣諸島の様子などもご報告くださいました。




次回の幸福実現TVは
2013年5月9日(木)21時~
幸福実現党政調会長 黒川白雲氏を迎え
「道州制が国を滅ぼす」



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫  ≫≫


【今日の一転語】
苦しみの種は、ほとんどが他人との比較から生まれます。
『「幸福の原点」講義』(非売品)より


◇幸福の科学グループ Happy Science Group◇

Facebook 
  Twitter


テレビ初放映!近未来予言映画「ファイナル・ジャッジメント」

  • 2013/05/04(土) 13:03:25

2012年6月に全国で公開され、大反響を博した映画「ファイナル・ジャッジメント」が、和歌山放送と岐阜放送のゴールデンタイムに、テレビ放映されることが決まりました。

「ファイナル・ジャッジメント」は、大川隆法総裁が製作総指揮をとられた第7作目の映画で、アジアの国々をはじめ海外でも上映されています。

国際通信社ロイターが「新世代の宗教団体が、この映画で、日本が侵略される可能性があることを警告している」という報道をしました(この記事)が、「アジアの軍事大国に占領された日本」を舞台に国防の危機を訴えた本作は、公開当初はとてもショッキングな印象を与えましたが、約1年後の今、日本を取り巻く環境が映画の描写に近づいていることもあり、「近未来予言映画」という性質がより一層際立ってきています。

DVDも好評発売中です。映画上映中には「映画館で奇跡が~!!」という話題をよく耳にしましたが、今度はご自宅で「奇跡が~!!」ということもあるかもしれませんね。劇中の政治家のセリフに注目すると、何やらその後聞いたことのあるような…  さすが、近未来映画です。


◆放送予定◆

○ テレビ和歌山 2013年5月12日(日)19:54~21:48

○ 岐阜放送   2013年5月22日(水)21:00~22:56


FJ.png




◆映画「ファイナル・ジャッジメント」DVD 好評発売中!◆ ≫≫ 

映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」がハンブルグ日本映画祭で上映決定
映画「ファイナル・ジャッジメント」「神秘の法」が世界で話題に 

◇当blogの「ファイナル・ジャッジメント」関係の記事は、
 2012.07.10
 2012.07.08
 2012.06.26
 2012.06.15  他、2012年5月~6月に掲載しています。



【今日の一転語】
本当の愛の姿とは、与え切りの愛、見返りを求めない愛、相手を選ばない愛、無償の愛、与え、与え、与え続ける愛です。言うなれば、太陽のような愛であり、これが真実の愛の姿なのです。
『愛から祈りへ』 第1章より


Happy Science First Book Launch in Kenya and SA

  • 2013/05/03(金) 21:22:20

Happy Science Scriptures in English are come out both in Kenya and South Africa. News release and bookstores seminars were put out in Nairobi(4/26), Na Cape Town(4/30) and Johannesburg(5/2).

After meeting the human highest Success Philosophy, the books were sold out in the excitement.

Published books are "INVINCIBLE THINKING","AN UNSHAKABLE MIND" and "The Laws of Success" in Kenya, "NVINCIBLE THINKING","AN UNSHAKABLE MIND" in South Africa.


in Kenya
Kenya.jpg

Kenya2.jpg

in South Africa
SA.jpg

SA2.jpg


Pictures from FB "Happy Science South Africa"
SA 3


SA 4




◆Today's Words of Wisdom◆
Even if you cannot change your surroundings, you can change your way of thinking and your state of mind to get over your setbacks.
From "The Laws of Courage", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa

憲法改正への異次元発想!?

  • 2013/05/03(金) 01:52:05

昭和22年(1947年)に日本国憲法が施行され、66回目の憲法記念日となる本日5月3日より全国の「幸福の科学」支部・精舎で『憲法改正への異次元発想』-憲法学者 NOW-(芦部信喜元東大教授の霊言) (112 分)という霊言が開示されます。今、参院選の争点ともなるであろう憲法改正についてあちこちで議論され始めました。幸福の科学においては2009年4月の止むに止まれぬ「幸福実現党」立党以来、政治に関する支援霊の啓示が次々と降ろされていますが、今回は憲法学者であった芦部信喜氏(1923-1999)が

◆芦部元東大教授は、安倍総理のことをどのように見ているのか?
◆天皇制をどのように考えているか?
◆一票の格差についてどのように考えればいいか?
◆靖国参拝は違憲なのか?
◆霊界で芦部元教授の近くにいる方は、どなたなのか?
◆宮沢俊義氏(憲法学者)と境涯が分かれた理由は何か?

などに答えてくださると共に、中国、北朝鮮との関係を踏まえつつ、憲法第 9 条の改正をどう考えているか、大統領制、地方自治についてどう思っているかなど分かりやすくご説明くださっています。
今、この時期に必見の霊言です。

◇◆日本国憲法第9条◆◇
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない


【開催場所・お問い合わせ】
●開催場所 → 精舎・ 支部・拠点
●東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com

【声明】憲法記念日にあたって(2013.05.03 幸福実現党公式サイト)
憲法記念日に考える「日本の国家ビジョン」(2013.05.02 HRPニュースファイル624)


芦部信~1



【芦部信喜】Wikiより 

芦部 信喜(あしべ のぶよし、1923年9月17日 - 1999年6月12日)は、日本の法学者。専門は憲法学。学位は法学博士(東京大学・1962年)。1990年日本学士院会員、1993年文化功労者。1986年から1992年まで日本公法学会理事長。全国憲法研究会代表、国際人権法学会理事長等も歴任。著書『憲法』(岩波書店)は代表的な著作であり、ロングセラーとなっている。称号は名誉教授。軍在籍時の階級は陸軍少尉。長野県駒ヶ根市出身。
「自由の基礎法」として近代憲法を位置付け、日本国憲法における統治機構の原理及び人権保障のありかたを理論的に考察した。

【学説】
芦部は、戦前通説的見解とされた師である宮沢の学説を承継した上で、アメリカ合衆国の憲法学説・判例を他に先駆けて導入し、戦後の憲法学会における議論をリードし、その発展に寄与した。

芦部は、まず、憲法が歴史の所産であるとした上で、市民革命を経て発展してきた近代憲法は、何より「自由の基礎法」である点に特質があり、「個人の尊重原理」とそれに基づく体系を根本規範とする価値秩序であるとする。かかる立場からは、憲法は、国法秩序において最も強い形式的効力を有する「最高法規」でもあり、国家権力を制限する「制限規範」でもあることになるが[1]、近代憲法を支えた古典的な立憲主義の思想は、現代においては、社会国家・福祉国家の思想と両立し、民主主義とも密接に結合するなど変容しているとする[2]。その上で、日本国憲法の制定の過程には、歴史上様々政治的な要因が働いていることは否定できないが、結局のところ、国民自ら憲法制定権力を発動させて制定したものであるとみるほかないとして宮沢の八月革命説を支持し[3]、その結果、上掲の特質を全て備えた日本国憲法が制定されたとみる。

つぎに、人権も憲法と同様に歴史の所産であるとした上で、上掲の日本国憲法の制定過程や人権宣言の歴史に鑑みれば、日本国憲法は、明治憲法下の外形的人権宣言と異なり、自由権のみならず、社会権もともに「人間の尊厳性の原理」に基づき、固有性・不可侵性・普遍性を有する自然権として保障しているとする[4]。人権を「公共の福祉」に反しない限り保障していることの意味については、自由国家的公共の福祉と社会国家的公共の福祉の二つの側面があるとの内在的制約説をとり、宮沢説を基本的には承継しつつも、宮沢がその内容は多くの判例の積み重なりを待つしかないとしていたことに対しては、具体的な権利の制約範囲を確定できないと批判した上で、基本的人権の制約範囲を決定する違憲審査基準としてアメリカにおけるカロリーヌ判決において提唱された経済的自由に比して精神的自由の優位性を認める二重の基準論を採用することを主張した[5]。その上で、二重の基準論の根拠として、代表民主制という統治システムをとる制度の下では精神的自由が保障されていれば民主政の過程において議会で是正できることを重視して、統治機構と人権を理論的に架橋する道を開き、具体的な訴訟の中で人権保障のあり方を考える憲法訴訟論を展開した。

また、『国会が全国民を「代表」する議員によって組織される』とされていることの意味については、宮沢が「代表」とは法的な意味ではなく、国会の意思が国民の意思であると看做されるという「政治学的代表」を意味するとしたが、芦部は、宮沢説を基本的には承継しつつも、それが国会と国民の意思の一致していない現実を覆い隠すイデオロギー的性格を有し、より民意を反映するように選挙制度を改正する運動を妨げてきたと批判し、第二次世界大戦後の経済的発展に伴い社会構造が複雑化し、国民の価値観が多元化したという歴史に鑑みれば、「代表」とは、国会と国民の意思が事実上一致ないし少なくとも類似しなければならないとの憲法上の要請があるという「社会学的代表」を意味するとし、国民の意思を公平かつ忠実に国会に反映する選挙制度を制定することが憲法上要請されているとする[6]。

そして、内閣に属する「行政権」の意義につき、国家作用の分化の歴史からすれば、すべての国家作用から立法作用と司法作用を除いた残りの作用であるとする「行政控除説」が妥当であるとし[7]、議院内閣制の本質についても、それがイギリス憲政史において自然発生的に成立した政治形態であるとした上で、かかる議院内閣制を日本国憲法が採用したという歴史に鑑みれば、議院と政府が一応分裂し、政府が議会に対して連帯責任を負うことである点にこそ本質があり、政府が議会の解散権を有することにはないとの「責任本質説」をとる[8]。

さらに、裁判所に属する司法権の概念自体が歴史的なもので理論的に定めることはできないとし、裁判所の判断である判例には一定の法創造機能が認められ、一定の政策形成機能をも有するとする[9]。

芦部によれば、古典的な立憲主義は現代では民主主義と矛盾しないように変容をうけているだけでなく、違憲審査制はアメリカの歴史上憲法の最高法規性を確保する手段として確立された制度で人権保障の手段であり、しかも人権には代表民主制とは密接に関係するものもあるから、裁判所が違憲審査権を行使することは何ら民主主義原理と矛盾するものではなく、現代では裁判所が一定の公共政策を形成することが期待されていることからすれば、むしろ積極的に違憲審査権を行使しなければならないこともあるとする[10]。  


※憲法96条改正 今なぜ議論に?
<憲法96条>今夏の参院選で争点に? 憲法96条改正とは(2013.05.01 ワードリーフ)
憲法96条改正の問題点を考える(2013.03.06 Newsweek)
安倍首相・憲法インタビュー 一問一答(2013.04.27産経)
<憲法96条>改正するのが当たり前? 海外の憲法改正事情(2013.05.01 ワードリーフ)
憲法改正 日本より条件低くないが米6回、仏27回、独58回も(2013.01.26 NEWS ポストセブン)
世界の憲法改正手続比較(2007.05.10 All About )


【今日の一転語】
好き嫌いだけで人を見るようになってはいけません。「すべての人の中に長所がある」「すべての人の長所から学んでいこう」と考えることが大事です。
『勇気の法』 第4章より



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。