スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年から始まる大激動の時代はチャンスの時代

  • 2012/12/31(月) 23:59:37

12月29日、毎年恒例の「リバティセミナー」が幸福の科学・東京正心館で開催されました。
「月刊ザ・リバティ」編集長の綾織次郎氏と聖学院大学経済学部教授の鈴木真実哉氏(東京中央支部の金曜セミナーでもおなじみです。)の対談はさぞやヒートアップしたことでしょう。2013年の日本、そして世界情勢はいかに。どこのメディアにもできない自由で的確な情報に溢れた「リバティセミナー」、今年見逃した方は、ぜひ来年末にいらしてください!!

リバティセミナーのレポートはこちら ⇒ ⇒

◆The Liberty 2月号も見どころ満載。
『未来の法』特集は、「不可能を可能にする『思いの力』」です。 ≫≫

*************************

本年3月より開設しました「東京中央支部ブログ」。時々お休みしてしまいますが、折々の情報をお届けさせていただきました。後半はどうしても政治系の話題が増えてしまいましたが、みなさまのお役に立てたなら幸いです。訪問くださったみなさま、お休み中もチェックしてくださったみなさまに心より感謝申し上げます。

来年も激動の一年となるようですが、みなさまと共に未来に向かって希望の布石を打ってゆきたいと思います。どうぞ、よいお年をお迎えください。
幸福の科学 東京中央支部 MT

東京中央支部自慢のDVDコーナー
CIMG0724.jpg





【今日の一転語】
過去における、さまざまな失敗はあるでしょう。それを悔やむことがあるでしょう。人間としての挫折があるでしょう。悩みがあるでしょう。この世においては、小さな戦いに敗れたように見えることもあるでしょう。しかし、真なる世界において、あなたがたの魂の親は、あなたがたに敗北を与えたことは一度もないのです。
『未来の法』 序章より

スポンサーサイト

幸福実現TV 「未来への布石」

  • 2012/12/25(火) 19:07:19

2012年12月20日、今年最後の幸福実現TVは「未来への布石」というテーマで、先般の衆院選の総括、そして視聴者のみなさまの意見に答えながら、松島幹事長と共に新しいスタートに向けての課題・抱負・未来の展望を語っていただきました。

「未来への布石」

Video streaming by Ustream
次回の幸福実現TVは、1月3日(木)21時~
テーマは「激動の2013」です。



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫

◆最近の幸福実現TV
○ 「今こそ、幸福実現革命!」 (2012/11/29)
○ 「トクマ 都庁に上陸か!」 (2012/11/15)
○ 「これからの 日本 アメリカ そして世界」 (2012/11/08 )
○ 「社会保障のワナ」 (2012/11/01) 
○  「スピリチュアル党首討論について語る」 (2012/10/25)


【今日の一転語】
運動することが難しければ、「とにかく歩く」ということでもよいでしょう。そういうかたちで運動を続けると、効果はてきめんに表れ、仕事の体力も持ちますし、疲労からの回復も早くなります。
『復活の法』 第2章より


ラジオ放送 「エル・カンターレ祭大講演会『地球的正義とは何か』」

  • 2012/12/24(月) 01:16:28

2012年12月5日に行われた、エル・カンターレ祭大講演「地球的正義とは何か」がラジオ番組で放送されます。

ラジオ大阪、和歌山放送、ラジオ福島、エフエム京都で放送が決まっていますが、幸福の科学広報局 里村専務理事の解説もあるそうですので、講演を聞かれた方も今一度、また放送エリアに友人・知人がいらっしゃる方はお勧めしてあげてはいかがでしょうか。

■12月29日(土) 19:00~20:00
 ラジオ福島 (放送エリア:福島県全域と栃木県の一部)

■12月30日(日) 5:55~6:55
 エフエム京都 (放送エリア:京都府)

■12月30日(日) 20:30~21:30
 和歌山放送 (放送エリア:和歌山県内を中心に大阪南部、湾岸部、兵庫県南部、淡路島、福島県など)

■12月31日(月) 21:00~22:00
 ラジオ大阪 (放送エリア:大阪府内を中心に京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県、徳島県、香川県など近畿広域圏) 

エル・カンターレ祭大講演会「地球的正義とは何か」レポート(幸福の科学 Happy Science 2012.12.06)

20121205_380_240.jpg




【今日の一転語】
「自分とはこういうものである」という自己イメージが、身体をつくっているのです。いつも明るいことを思い、それを言葉にして行動していると、健康生活が現れてくると同時に、その人が働いている職場や事業、会社においても、よいことがどんどん循環していきます。
『理想国家日本の条件』 第3章より


ワシントン・ポストにオバマ首相とアメリカへの全面意見広告を掲載!

  • 2012/12/19(水) 23:57:54

2012年12月14日(金)、アメリカ合衆国・ワシントンD.Cの新聞紙「ワシントン・ポスト」に、幸福の科学グループの意見広告が掲載されました。

“An Open Letter to President Obama and the United States”(オバマ大統領とアメリカ合衆国へのオープンレター ← アメリカの新聞ではオープンレターをよく見かけます。)と大きく書かれた全面広告では、幸福実現党が日本で「日米同盟の強化をし、手を取り合って世界の自由を守らなければならない」と訴えていることを知らせるとともに、「神と、神の正義を信じるという『アメリカの心』を忘れないでください」」「アメリカの使命は、皆様の先祖や国家建設の理念を思い出すことなのです」と伝えました。
※ この意見広告は、幸福実現党および幸福の科学グループメンバーの寄付・植福によって掲載されました。


20121214 The Washington Post



(幸福の科学グループHPより) ≫≫

オバマ大統領とアメリカ合衆国へのオープンレター
ともに立ち上がり、中国の拡張と世界征服の野心と戦おう



親愛なるアメリカ合衆国の人々へ、日本の友人たちからのご挨拶です。このよき季節に、皆さんの平安、喜びを心からお祈りいたします。この12月、人々はクリスマスやハヌカー祭を始めとする宗教行事を通じて、アメリカの建国理念である信仰に思いを馳せます。

 そんななか、皆さんの社会から宗教を消し去ろうとする勢力が現実にあり、特にクリスマスの季節にその事例が顕著になります。そして、そのような勢力がアメリカから宗教を追い出そうとしている間にも、中国のような他の無神論者たちや無神論国家は、もっと大きな目標に向かって突き進んでいます。

 この世界には2種類の国家があります。1つは、神を信じ、人権の根拠である神性を信じる人々の国であり、もう1つは、神を否定し、個々人の人権など意に介せず、経済発展だけを追い求める国です。中国や北朝鮮は、物質的な経済的発展と国家の拡張のみを求めていますが、そういった国は必ずや軍事行動を起こすでしょう。神を愛する国や人々のなかで、このような事態を望む者はいません。

 他の多くの国々と同様、アメリカもまた経済問題を抱えていますが、それだけに目を向けるのではなく、今、無神論国家が見せている拡張欲を注視しなくてはなりません。というのも、現在、合衆国も、議会も、大統領も、世界の未来や自国に対する明確な長期ビジョンを持っているようには見えませんが、無神論国家は、2050年までに世界を征服するという明確なビジョンを持っているのです。

 もともとアメリカは、236年前、真の繁栄は神から来る(独裁者からでも専制君主からでもない)と知っていた信仰ある人々によって建国されました。皆様方の祖先は、神への信仰を通して、自分たちが神の正義のもと、豊かに暮らせることを知っていたのです。

 アメリカの親しい同盟国である日本もまた、神によって護られてきた国です。両国は友好関係を通して数多くの恩恵に浴してきましたし、何十年もの間、私たちは日米安全保障条約によってつながってきました。現在、日本の尖閣諸島を巡る問題が焦点となっていますが、先日、アメリカ政府が、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを明記した修正案を可決したことに、私たち日本人は心から感謝しています。

 12月16日、日本では衆議院議員選挙が行われます。日本の宗教政党、幸福実現党は、日本の人々に以下のメッセージを伝えています:

アメリカと日本は、同盟関係をさらに強化し、手を取り合って無神論国家の拡張策に対抗し、世界の自由を守らなければなりません。これこそが、神の正義と繁栄を実現する道です。

 私たち日本人は、友人であるアメリカの人々に対しても伝えたいことがあります。どうか、アメリカの心を忘れないでください。アメリカの心とは、神と、神の正義を信じる心です。それは、正義の名のもとに行動し、よりよい世界をつくることです。アメリカの使命は、皆様の先祖や国家建設の理念を思い出すことなのです。

 アメリカよ、アメリカであれ! その時、多くの国々が、アメリカに続くでしょう。

幸福の科学グループ

 
※An Ad in the Washington Post Newspaper(Happy Science USA) ≫≫ 

※アメリカは日本と共に神の栄光を求めよ(ザ・リバティ2013年1月号記事)≫≫


Have Faith in Great America
-Liberty and World Justice for All- 

by Ryuho Okawa
book-have-faith-in-great-america.jpg





【今日の一転語】
失敗を研究し、そのなかから教訓を得て、「次はこうならないようにするぞ」と考えて、次の人生にトライしていく。これが最高なのです。そうすれば、どんなことがあっても成功の王道に入れます。どのような道を歩いていても、そこから成功の道が開けていきます。
『幸福への方法』 第1章より


公開霊言「安倍新総理スピリチュアル・インタビュ」ー

  • 2012/12/18(火) 23:11:57

■ 公開霊言「安倍新総理スピリチュアル・インタビュ」ー(107分)のご案内 ■



前回、9月に自民党総裁に再選されたばかりの安倍氏守護霊と、幸福実現党・ついき党首との討論が収録されましたが、この度衆院選の結果を受けて新総理となる安倍氏の守護霊インタビューが行われました。新政権の力量が、このインタビューを通して明らかになりました。どなたでもご覧いただけますので、詳細はお近くの幸福の科学にお問い合わせください。

○安倍新総理守護霊の霊言
○安倍新総理が頼りにしている人物とは
○安倍政権への期待値
○衆院選の課題
○幸福実現党 立木党首による衆院選及び都知事選の総括を含む解説付き

◆「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。詳しくは ⇒⇒⇒ 大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か


2%物価目標の検討要請=政策協定も―安倍氏と白川総裁が初会談(2012/12/18時事通信)
「安倍新総裁(守護霊)が幸福の科学に語った『復活戦略』」 (2012/09/26収録)  more → →


スピリチュアル党首討論
09282034_50658b48ad14e.jpg



【開示日】 12月18日(火)~
【開催場所】全国の精舎、支部、拠点 ≫≫
【お問い合わせ】
◆お近くの幸福の科学 ≫≫
◆東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



【今日の一転語】
「世の中には、声をかければ自分を助けてくれる人がたくさんいる。世の中の人びとは、ほんとうは協力者の群れであって、何かきっかけがあり、私のほうが心を開きさえすれば、協力者になってくれる潜在的な協力者ばかりなのだ」という見方を、意図的に持つことが大切です。
『「幸福になれない」症候群』 第2章より

選挙制度に異議あり!

  • 2012/12/18(火) 00:13:36

負け惜しみで言うのではありませんが、今の選挙制度は少数政党に極めて不利な、二大政党での政権の奪い合いにならざるを得ない制度です。1996年から始まった小選挙区・比例代表並立制。とても民主的とは言えない制度ではないでしょうか。

1) 小選挙区制は二大政党に有利
2) 比例ブロックの「ドント方式」も大政党が有利
3) 投票用紙に政党名がない! なぜ「諸派」なのか?
4) 政党助成金は憲法違反! 供託金で新規参入を阻止している

などなど、現在の衆院選の制度自体が、既成政党を有利にし、新しくできた政党や政治団体に極めて不利になるようにできているのです。これは明らかに、憲法に謳う「政治参加の自由」を侵害していると言わざるを得ません。
※詳しくはLiberty Web 2012.12.17で
↓ ↓ ↓

こんな制度でいいのか? 衆院選の制度は既成政党を守り、新規政党を排除する

死票率56%に上昇=民主は惨敗で8割超―衆院選【12衆院選】(2012.12.17 時事通信)
小選挙区“マジック”またも 選挙区4位でも議員バッジ(2012.12.17 産経)
小選挙区の宿命 自民得票4割、議席8割(2012.12.17 東京新聞)
投票率最低なのに…選挙区の無効票「過去最高」 (2012.12.18 朝日 )
「併用制」なら幸福実現党3議席獲得との試算 衆院選挙制度改革 (2011.11.07 Liberty Web )
小物政治家を生んだ小選挙区をやめ、「中選挙区」に戻せ(2012.02.15 Liberty Web )



【今日の一転語】
私たちは、必ずや「新しい社会」を築くことができる。未来を創ろうとする、その心の力によってー。
「信仰」の持つ本当の意味を、万人に告げ知らせる時が来たのだ。
『未来の法』 あとがきより


2012衆院選、都知事選を振り返って

  • 2012/12/17(月) 01:06:39

 国師救国の獅子吼2012



この度の衆院選、都知事選におきましては、ご支援くださったみなさま、朝早くから夜遅くまでボランティア活動をしてくださったみなさま、陰ながら見守ってくださったみなさま、街頭演説で耳を傾けてくださったみなさま、街宣車に手を振ってくださったみなさま・・・ 多くの多くの方々に支えられ無事終了いたしました。本当にありがとうございました。

結果はともあれ、幸福実現党の歩みは確実に強く前進しています。但し天上界からのご要望には遥かに及ばず、厳しい現実を受け入れなければならない情況となりました。この点につきましては、私たちの真剣さ、努力、勇気の足りなさに本当に申し訳ないばかりです。

今回、数字の上では自民党が圧勝のように見えますが、これは「民主党にはもうまかせられない!」との国民の苦肉の決断の表れなのでしょう。ですから、自民党はこの後しっかりと結果を出さなければ、次の選挙ではまた国民は「誰を、どの政党を」選んでいいのか混乱極めるに違いありません。特に一番身近な問題、景気・雇用対策において結果を出さなければならないのですが、消費税を挙げてそのようなことが可能なはずはありません。

選挙戦を通して感じたことは、当然ではありますが、国民は安定、安全を求めているということでした。ですから、新しいもの、未知のものに対する警戒心が強く、幸福実現党を受け入れる余地がないのではないか、ということでした。幸福の科学、幸福実現党そして宗教そのものが多くの国民にとっては、まだまだ黒船のように見えているのかもしれません。どんなにすばらしい政策を訴え、最大多数の最大幸福を訴えても、警戒心、恐怖心を持つ人の前には何の効用もないということ、この点については伝える側の努力、配慮の足りなさを痛感しました。

都知事選候補者、トクマが街頭演説で言っていました。「清き一票ではなくて、勇気の一票を下さい!!」そうなんです。改革、前進には「勇気」がいるんです。多くの人たちの勇気を鼓舞できなかったことを反省しなければなりません。それから、マスコミはこれまでよりは少しだけ報道してくれはしましたが、相変わらず「幸福実現党」を無視。いつまで続けるつもりでしょうか。反面、若い人たちが少しずつ政治に関心を持ってくれたように感じました。自分たちの未来は自分たちで創る、このことを自覚し始めた若者も少しは増えたのではないでしょうか。

まだまだ、みなさまのご要望に答えることのできない私たちではありますが、心新たに、今回得た教訓を生かし、引き続き誇りある独立国家としての国造りを目指し、全ての魂の幸福のために前進してゆきたいと思います。これからも、よろしくお願い申し上げます。

 **********************************

【プレスリリース】 
衆院総選挙及び東京都知事選挙の結果を受けて 

 

このたびの衆院選におきましては、残念ながら、私ども幸福実現党から当選者を出すには至りませんでした。共に選挙戦を戦って下さった党員の皆様、ご支持くださいました有権者の皆様に心よりお詫び申し上げますとともに、これまでのご支援に深く感謝、御礼申し上げます。

近隣諸国による軍事的脅威の高まりや長引く景気低迷、さらに脱原発など、まさに「日本、危うし!」と言うべき状況に直面しつつある中、幸福実現党は「防衛力、経済力、原子力、3つの力で日本復活」を掲げ、戦ってまいりました。

日を追うごとに支援は着実に広がり、ご支持をいただきましたことに、重ねて感謝申し上げる次第です。当選は果たせなかったものの、国難打破に向けた私どもの訴えの一部は、有権者の皆様に確実に届き、世論形成に影響を与えたものと考えております。

今回の衆院選は、自民党の勝利、及び民主党の大敗、第三極の伸び悩みという結果に終わりましたが、有権者の「保守回帰」の傾向は顕著であり、これまでの3年余にわたる幸福実現党の活動が寄与したと自負するものです。

また、衆院選と同じく投開票となった東京都知事選挙では、党公認のトクマ候補の当選には及びませんでした。ご支持いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。党として、今後、東京の活力向上及び国力強化に向けた活動を一層力強く展開してまいる所存です。

 私ども幸福実現党は、このたび示された民意をしっかりと受け止めつつも、「宗教心の復権」を通じてこそ国難を突破し、「日本復活」を実現できることを訴えながら、来夏の参院選での議席獲得に向けて不退転の決意で戦ってまいります。

 2012年12月17日

幸福実現党 党首 ついき秀学




※国師、救国の獅子吼 2012.12.12 ≫≫ 
※国師、救国の獅子吼 2012.12.13 ≫≫
※国師、救国の獅子吼 2012.12.14 ≫≫ 
※国師、救国の獅子吼 2012.12.15 ≫≫ 

2012.12.12 渋谷ハチ公前、見る見るうちに人垣が
20121212 



※尖閣に上陸した大和魂ロッカー - トクマ 特設ページ ≫≫ 
※「日本、危うし!」だから幸福実現党 ≫≫


◆おまけのアニメで疲れをほぐしてくださいね。
かえって疲れたらごめんなさい。 
【吹替版】低燃費少女ハイジ「何のポスター見たのかな?」 ≫≫  



【今日の一転語】
正しいことを実現するためには、やはり勇気が要ります。どうか、勇気を持ってください。勇気を持った生き方をしてください。
『勇気の法』 第1章より

発刊!『天照大神の御教えを伝える』 『国之常立神 立国の精神を語る』

  • 2012/12/15(土) 23:55:53

先日よりお伝えしている「『天照大神の御教えを伝える』-全世界激震の予言-」の霊言が13日に発刊となりました。天照大神は、この国が「神々がひしめく偉大な国」としての誇りを取り戻し、左翼思想や唯物論国家との戦いに勝利していくために、もう一段の奮起を求められています。全ての日本国民に読んでいただきたいと思います。


  「天照大神様が激しく怒っていらっしゃる。

次の新政権をになう方々にも、重々しく

本書の内容を受けとめて頂きたい。

また、この国を悪くしてきた人々にも、

謙虚に反省に入って頂きたい。

東日本大震災の予言を、

当時、菅政権の発足後まもなく出され、

的中させられた、わが国の主宰神の言葉である。

ゆめゆめ軽んじられませんように。」 
 

(まえがき より)




   「・・・この日本の民にも、

信仰なくば

海中に沈めてもよいとおっしゃるのだ。

反省し、人間としての

信仰の根本に立ち返るしかあるまい。

神国日本には、

どうやら別格の天意を授かっているようだ。

未熟なる者たちよ、謙虚に努力を再開し、

積み重ねていこうではないか。」
 

(あとがき より) 




また、先日ご紹介した「『国之常立神 立国の精神を語る』-『降伏』か、それとも『幸福』か-」、こちらの霊言も12/15~12/20発刊となっております。危機意識も常識も責任感もない現代日本を憂いて、同じく警告を発していらっしゃいます。原発ゼロにすることは、経済が好転しないまま、企業活動の低下、家計の逼迫、赤字財政の悪化などが起こり、最終的には日本が中流国に転落し、中国の植民地となっていくことを警告されています。


   「本書をラストチャンスと思ってほしい。

もうそれほどの時間は

残されていないのだ。」
 

(あとがき より) 




天照大神の御教えを伝える      国之常立神
 『天照大神の御教えを伝える』    『国之常立神 立国の精神を語る』






【今日の一転語】
毎日、「自分はきっと成功する。自分はきっと大物になる。自分はきっと運命を開くに違いない」と、折にふれて自分自身に言い聞かせておくことが大切です。
『「幸福になれない」症候群』 第2章より

ザ・リバティWebのアクセス集中

  • 2012/12/15(土) 22:28:38

本日インターネットで生中継などもあり、「ザ・リバティWeb」にアクセスが集中し、一時的に開けなくなるという現象が起きています。

Webが重くて開けなくなった場合、以下のUstreamチャンネルに直接アクセスいただくことで、過去のライブを見ることができますのでご利用くださいませ。

ご不便おかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


Ustreamチャンネルに直接アクセス
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.ustream.tv/channel/world-report

国師、救国の獅子吼!!

  • 2012/12/12(水) 20:30:02

16日を過ぎるまで、政治関連の記事は控えていますが、今日、You Streamの生中継はご覧になりましたか?徐々に人が増え、最後の新宿駅西口では本当に大勢の方々が真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

詳細はこちら(Liberty Web)で ⇒ ⇒ 
○2012,12,12 動画第二弾 ⇒ ⇒
○2012,12,12 動画第三弾 ⇒ ⇒
13日 USTREAM 生中継 ⇒ ⇒


【今日の一転語】
成功するためには、まず、心のなかに、成功した自分の理想像をイメージしなければなりません。列車にも飛行機にも必ず目的地があるように、目的地があるからこそ、それに向かって前進することができるのです。
『繁栄の法』 第4章より


政策の良さに驚く人が続出!

  • 2012/12/11(火) 19:49:32

もうためしてみられた方も多いいのではないでしょうか、「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」。毎日新聞が運営するインターネットのサイトで、今回の衆院選の争点に関する質問に答えていくと、最後に自分と主要13政党それぞれの考え方の「一致度」を知ることができるというものです。 ⇒ ⇒
 
これで出た結果に、驚く人が続出とのうわさ・・・ 2Chの書き込みも盛り上がっているようです。

選挙を目前に、一体誰を、どこの党を選んでいいか分からない人が今回は特に多いようですから、かなり投票先を選ぶ参考になると思います。

ネットの普及で新聞・TV以外の情報も得られやすくなり、若い人が政治情報・意見を見つけることができるため、政治に関心を持ちやすくなってきました。反面、風になびく日本人的傾向も出やすいかもしれませんが、良い情報を発信し続ける人や団体が増えれば、そちらの意見にも耳を傾ける人たちも増えることでしょう。

さて、あなたの結果はいかがでした?

毎日ボートマッチ(えらぼーと)で幸福実現党の政策の良さに驚く人が続出(Liberty Web 2012.12.09)


【今日の一転語】
「多くの人びとのためになりたい」と思っている人の仕事は、結局、大きく発展していかざるをえないのです。
『発展思考』 第1章より

「国之常立神・立国の精神を語る」―「降伏」か、それとも「幸福」か

  • 2012/12/10(月) 23:12:35

先日の天照大神の緊急神示に続き、国之常立神より霊言を賜りました。高天原の神々が次々と降臨し神示を下される背景について、私たちは深く考え反省しなければなりません。日本は、そして私たち一人一人がまさに「ファイナル・ジャッジメントの時」を迎えているのです。

昨日、『日本書紀』における日本の根源神・国之常立神による霊言『「国之常立神・立国の精神を語る」―「降伏」か、それとも「幸福」か』(109 分)を賜りました。地球神のお考えのもとに、純粋で高度な文明を創るべく立国された日本の誇りや、世界でも稀な「千年単位での繁栄」を実現した神々の力が説かれています。日本を守るべき理由、この国の存続すべき価値が腑におち、私たちが「言い訳をせずに、負けずに戦う」という気概のある“勇者”となっていくための「希望の原理」が示されております。こちらも、全ての日本人に聞いていただきたい霊言です。

※国之常立神(くにのとこたちのかみ) Wiki ≫≫ 

【霊 言】 「国之常立神・立国の精神を語る」―「降伏」か、それとも「幸福」か
【開示日】 12月11日(火)
【開催場所】全国の精舎、支部、拠点 ≫≫ 

【お問い合わせ】
◆お近くの幸福の科学 ≫≫
◆東京中央支部 ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



【今日の一転語】
自分の幸福と他の人の幸福をつなぐものは「奉仕の心」です。「世のため、人のために役立ちたい」と願って生きることは、自分の繁栄のためでもあり、同時に社会の繁栄のためでもあるのです。
『繁栄の法』 第3章より


緊急発刊『天照大神の御教えを伝える』―全世界激震の予言―

  • 2012/12/10(月) 21:47:35


全日本人必読!2012年12月7日の緊急神示!!

12/13~12/18発刊予定



『天照大神の御教えを伝える』

―全世界激震の予言―

霊言収録2時間後に東北・関東で地震発生!



昨日お伝えした、『天照大神の御教えを伝える』の霊言が緊急発刊となりました。

日本の主宰神・天照大神が下された三度目の警告
あなたが心ある日本人ならば、
その厳しい御言葉の中にあるこの国を憂う真意に気付くはずだ!

「天照大神様が激しく怒っていらっしゃる。(中略)もとより私どもの努力不足、智慧不足、信仰不足は隠しようもないが、そのわずかな精進でさえ、この国の国民を変える一石たりえなかったことをお責めになっている。」(「まえがき」より)


信仰を失ったら

この国の栄光は

亡くなる・・・
 





【今日の一転語】
みずからの力の限界を感じたときには、人間を超えた大いなる力に祈ることです。
『愛から祈りへ』 第2章より

天照大神の御教えを伝える ―全世界激震の予言―

  • 2012/12/09(日) 22:56:37

先日(7日)の地震は、昨年の東日本大震災の数日前にあった地震とよく似た地震だったようですし、日本海側に続いている低気圧や中央道のトンネル事故などに「何かおかしい?」と感じていらした方も多いのではないでしょうか。これにはやはり意味があったのです。

今年2月、緊急神示として日本神道の主宰神・天照大神からの厳しい警告と救国のメッセージ『天照大神のお怒りについて』を賜りましたが、それから10ヶ月、この日本は天照様の警告に耳を傾けることもなく、尖閣問題をないがしろにし、「脱原発」を支援し続けてきました。その結果、この度天照大神より再度、というより最終警告が発せられてしまいました。

本霊言で天照大神は、いま日本に起きている「北海道の停電」「日本海側の爆弾低気圧」「トンネル事故」などの意味を明らかにされ、「信仰」と「国家」を蔑ろにしてきた政治家・マスコミ・国民に対して強く反省を求められると共に、左翼思想や唯物論国家との戦い、この国が「神々がひしめく偉大な国」としての誇りを取り戻すための尊い、そして厳しいお言葉をいただきました。

全ての日本人にご覧いただきたい霊言です。詳しくは、最寄りの精舎、支部、拠点にお問い合わせください。

【開示日】 12月9日(日)
【開催場所】全国の精舎、支部、拠点

※天照大神の御教えを伝える ―全世界激震の予言― ≫≫ 
※天変地異から日本を救え (2) ――天照大神、最後の警告「日本人よ、信仰心を取り戻せ」 ≫≫


◆お近くの幸福の科学 ≫≫ 
◆東京中央支部  ≫≫
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com


『天照大神のお怒りについて』 ≫≫ 
04021741_4f796620ba84e.jpg

緊急神示 信仰なき日本人への警告
東日本大震災に続く天変地異の予兆。
―――はたして日本の運命は!?

首都直下型地震や富士山爆発が懸念されはじめた2012年。
その2月2日、日本の主宰神・天照大神が緊急降臨―――。
信仰なき政権とすべての日本人に厳しい警告が発せられた。

〇なぜ、天照大神はお怒りになっているのか!?
〇どうして民主党政権になってから、日本には災難が続くのか!?
〇国難・日本は、いま、何に気づかなければいけないのか!?
―――これ以上、日本を無神論で汚すことは許されない




【今日の一転語】
みなさんは、自分自身の潜在意識に対して、「自分はどの方向に向かいたいのか」ということを常に教えておかなければいけません。自分の目的地を、心の奥深いところにまで落とし込んでおくことが大切です。
『繁栄の法』 第4章より

エル・カンターレ祭大講演会「地球的正義とは何か」

  • 2012/12/07(金) 00:06:23

昨日12月5日はエル・カンターレ祭大講演会「地球的正義とは何か」が、本会場の東京国際フォーラムをはじめ、全国、全世界3500ヶ所で同時中継されました。大川隆法総裁のこれまでに増しての力強い説法に、講演の間、何度も何度も満席の本会場のあちこちから拍手が鳴り続けました。自由や人権のない国-不正義の国-は神の御心にかなわない。これがしっかり心に焼きついた講演、世界中でご覧になった方々と心一つになったに違いありません。世界の向かうべき方向、日本の向かうべき方向を指し示していただきましたことに、心より感謝いたしたいと思います。


 「地球的正義とは何か」 より

私の指差す方向に、

地球の未来は

必ず開けていきます

我らは

地球的正義を確立するまで、

この闘いをやめることは

断じてありません




※幸福の科学・大川隆法総裁、エル・カンターレ祭で「地球的正義」を説く(リバティWeb)≫≫

尚、エル・カンターレ祭大講演会「地球的正義とは何か」は支部でご覧いただけますので、事前にご連絡お願いいたします。

◇お問い合わせ
東京中央支部 ≫≫
Tel:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



【今日の一転語】
悩みの時期は、1年以上続くことはほとんどありません。たいていの場合は3ヶ月か6ヶ月ぐらいのものです。1年以上続くことは少なく、必ず人生の転換期が出てきます。
『繁栄の法則』 第6章より


2012年 エル・カンターレ祭大講演会

  • 2012/12/05(水) 14:24:58

「地球的正義とは何か」

20121205_380_240.jpg



本日はエル・カンターレ祭大川隆法総裁大講演会「地球的正義とは何か」が開催されます。
エル・カンターレ祭は、幸福の科学の二大祭典のひとつで、とても大切な祭典です。

2012年も時代変換を思わせる数々の出来事がございました。大川隆法総裁は国内のみならず、今年6月に五大陸目の海外説法となるアフリカ・ウガンダ講演をされ、そして10月には2度目のオーストラリア・シドニーでの説法と、ワールド・ティーチャー(世界教師)として教えを説き続けてくださいました。また、本年は映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」の2本を総裁総指揮の下、世界同時上映することもできました。そして、年の瀬の迫った今月、12月には衆院選、都知事選に向けて政治方面でのご指導もいただき、いつにも増して多方面に渡る活動を行うことができました。この1年でいただいたエル・カンターレの光がどれほどのものか、想像を絶するものがあります。

東京国際フォーラムを本会場として、全国・全世界の幸福の科学の精舎・支部・拠点など3500か所で衛星中継されるエル・カンターレ祭大講演会で、みなさまと共にこの一年の感謝を捧げさせていただきたいと思います。


※「Aspirationsfor the Future World」(未来世界への大志)」オーストラリア講演会レポート ≫ ≫
※アフリカ・ウガンダ大講演会レポート ≫ ≫
※アフリカ初のご説法に1万人の聴衆! 06/23ウガンダ ≫ ≫


【本会場】 東京国際フォーラム

【演 題】 『地球的正義とは何か』 

【プログラム】
18:35~ 歌・映像
19:00~ 開演 ライティングショー/幸福の科学紹介映像/奉納曲
19:20~ 大川隆法総裁 エル・カンターレ祭記念講演「地球的正義とは何か」
19:50 終了予定


※プログラムは当日変更になる場合がございますのでご了承ください。

※本会場は事前予約おり、入場整理券がない場合本会場へのご入場はできません。
※精舎・支部での当日参加は最寄りの幸福の科学へお問い合わせください。
◆精舎・支部 → 

◆講演会ご案内 → 



2012年エル・カンターレ祭 「地球的正義とは何か」





◆20:30~ 再放送(銀座、大門拠点)
大川隆法総裁先生 エル・カンターレ祭 大講演会
『地球的正義とは何か』 
※参加ご希望の方はお問い合せ下さい。
東京都中央区銀座2-2-19 ≫≫
Tel:03-3535-3787

【今日の一転語】
言葉には力があります。否定的でネガティブな言葉を数多く使う人は、打ちのめされた人生を送り、積極的で明るい言葉を数多く使う人には、道が開けるのです。
『光ある時を生きよ』 第3章より


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。