スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月開示の法話・霊言一覧

  • 2012/06/30(土) 02:24:02

■ ■ ■ 6月開示の法話・霊言一覧 ■ ■ ■


大川隆法総裁の法話・講演・霊言、また、理事長の講話などどなたでもご覧いただけます(「限定」などの記述があるものを除く)。お申込みは、精舎や支部へお問い合わせください。
※開催場所 : 精舎支部・拠点

●2012/6/26~ 霊言 ニュートンの科学霊訓 97分 
開催場所:精舎・ 支部・拠点・海外
●2012/6/16~ 霊言 ウガンダ霊界事情 ―ウガンダの神とは誰か 73分
開催場所:精舎
●2012/6/30~ 法話/英語 The Importance of Self-Help Thinking 60分
開催場所:精舎
●2012/6/19~ 法話/英語“Be Strong” “Q&A” 67分 
開催場所:精舎・ 支部・拠点・海外
●2012/6/16~ 霊言 宇宙人リーディング― 世界宗教を夢見る巨大飛行機型宇宙人と霊域を守るカピバラ嬢
開催場所:精舎
●2012/6/16~ 霊言 人材リーディング② 153分
開催場所:精舎
●2012/6/15~ 霊言 徹底霊査 週刊新潮編集長  悪魔の放射汚染 102分
開催場所:精舎・ 支部・拠点・海外
●2012/6/1~2012/8/31 法話 経営者に贈る 約4時間半
開催場所:精舎
●2012/6/1 ~2012/6/30 霊言 孔子の幸福論 94分
開催場所:精舎
●2012/5/27~ 講演 世界のリーダーをめざして 及び 質疑応答 81分
開催場所:精舎・ 支部・拠点・海外・布教所

※詳細、その他の法話・霊言一覧は「大川隆法総裁 法話・講演・霊言 公開情報」 ≫≫

※幸福実現党 緊急特設動画 ≫≫

◇お問い合わせ
東京中央支部
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com



【今日の一転語】
夢をいだいている人に出会った日は、一日中、とてもしあわせな気分になるでしょう。
よし、自分も、ひとつ、やってやろうという気持ちと同時に、よし、この人を助けてやろうという気持ちになってくるはずです。
■参照書籍
『太陽の法』 第6章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
ロングラン・ラン決定!!6/30(土)~7/6(金)
最終日まで、あと7日



◇ロングラン上映 東京の映画館は◇
・新宿ミラノ座
・品川プリンスシネマ
・ワーナーマイカル板橋
・ユナイテッドシネマ豊洲
・ユナイテッドシネマとしまえん
・109シネマズ木場

スポンサーサイト

日本の国土を守れ! 沖縄・離島からの報告

  • 2012/06/29(金) 09:36:59

いろいろな切り口で日本の危機的情況を訴えて来ている幸福実現党ですが、6月28日(木)の幸福実現TVは「女性のHappyを応援する!」幸福実現党女性局長の竜の口法子さんと、現地(石垣島)からSkypeで参加の、矢内筆勝幸福実現党出版局長を迎え、一体現状はどのようになっているのか、また如何に無防備であるかを、現地取材の報告を交えてお話しいただきました。県民の大半が読んでいると言われている、沖縄タイムズと琉球新報の記事を鵜呑みにしてきている沖縄のみなさんに、正しい情報を知っていただこうと、この度沖縄独自のフリーペーパー「ゆんたくシーサー」が発行されました。ぜひとも、県民全員に読んでいただきたいと思います。
「沖縄・九州防衛プロジェクト」進捗状況について(6/9) 
沖縄・九州防衛プロジェクト 

現在、夕刊フジで「いざ!幸福維新」(第四木曜日)という竜の口さんのコラムが掲載されています。また、6月27日まで東海ラジオの番組「竜の口法子の未来☆ビジョン」を担当していらっしゃいましたが、7月からは「ラジオ大阪」で(毎週金曜日の夜10時45分~11時)、同じ番組名「竜の口法子の未来☆ビジョン」を放送されます。竜の口さんの熱い、力強いメッセージをお楽しみに!
竜の口法子公式ブログ「女性のHappyを応援します!!」 
zakzak 「いざ!幸福維新」




幸福実現TV 7月5日(木)21:00~
「”猛女”との対話」


※幸福実現TV ≫≫
※幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫


yuntaku.jpg


◆「ゆんたくシーサー」発行について◆
沖縄において中国よりに世論を誘導している左翼二大新聞に対し、HRP ブックレット『迫りくる!中国の侵略から沖縄を守れ!』をベースにしたフリーペーパー『ゆんたくシーサー』を発行致します。
本フリーペーパーには、幸福実現党沖縄県本部が独自に実施した正しい県民意識調査の結果を掲載し、左翼マスコミの情報操作の虚構を粉砕するとともに、中国の植民地支配下にある三民族(チベット、モンゴル、ウイグル)の人権運動家の意見を掲載する予定です。


【今日の一転語】
「自分はこの仕事を通して世の中に貢献している」という気持ちが大事なのです。
■参照書籍
『幸福の法』 第2章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
ロングラン・ラン決定!!6/30(土)~7/6(金)
最終日まで、あと8日



◇ロングラン上映 東京の映画館◇
・新宿ミラノ座
・品川プリンスシネマ
・ワーナーマイカル板橋
・ユナイテッドシネマ豊洲
・ユナイテッドシネマとしまえん
・109シネマズ木場

アフリカ初のご説法に1万人の聴衆! 06/23ウガンダ

  • 2012/06/27(水) 22:41:24

uganda.png


6月23日(土)に、大川隆法総裁のアフリカ初のご説法″The Light of NewHope″はウガンダ最大の集会場であるマンデラ・スタジアムで説かれました。当日は、午前中から2万人以上の方が来場されましたが、夕方6時に予定されているご講演 前から雨が降り出し、実際に、会場に残った人々は1万人程度だったそうです。

小雨が降り続くなか、歴史的なご講演「The Light of New Hope」は、最初から最後まで力強い言霊で、「あなたがたの内には光が 宿っている。あなたがたこそ、未来を拓く希望である。過去の影の歴史を乗り越えて、 アフリカの時代を切り拓いてほしい。」と語りかけられました。

人々はMaster Okawaに直接出会えたことに感動し、講演後も多数の感動の声が寄せられたそうです。またこの説法は、国営UBC放送と民放2局、合計3つのテレビ局で生中継され、推定視聴者は500万人、他のアフリカ諸国でも今後、放映される予定です。

今後、必ずこの御法話が新しいバイブルとなり、アフリカ大陸の発展を導いていくことになることでしょう。

以下、ウガンダのデイリーニュース06/25の記事です。

Thousands flock Happy Science lecture Publish Date: Jun 25, 2012
Ryuho Okawaは1986年にHSを創設。ウガンダ共和国には北部と東部にHS集会所が開設されている。霧雨にもかかわらず、午後2時前にはスタジアムは満席。ローカルのほとんどのテレビ番組で生中継され、HS総裁ご法話の前には、ローカルのミュージシャンらによる歌の奉納があった。観客は主にHSの歌に酔いしれた。舞台に勢ぞろいしたChameleon、Iriyn、Benonのミュージシャン達は幸福感いっぱいに歌を披露し、聴衆を魅了した。

演台から語りかける大川氏は、人種差別を止め、代わりに繁栄をもたらすような事柄や実体のある平和にフォーカスすべきであると人々に訴えた。アフリカ人は悔い改め、貧困に打ち勝ち、他の人々に寄付する方法を学ぶ必要があると述べ、「智慧の提供や共有を通してこそ、一人前の国家になるでしょう」と語った。大川氏は、許しと自信の大切さを強調され、特にウガンダの人々の間での許す方法を学ぶことを最重要視された。「全ての人々は一心同体で創造されたのです。ですから許しを信じることです」と力説。HSの主たる目的は、愛と悟りによって地上ユートピアを建設することであると述べ、「愛するとは与えることであり、他の人々から奪うことではありません。ですから、愛は憎しみに打ち勝てるのです。他の人々から奪うと、常に奪いたくなりますが、与えることを始めたら、平和が作り出されるのです。簡潔に言えばそういうことですが、実践は難しいです。ですから、与える愛の教えはとても重要なのです」と説かれた。

HSの運動は、人々の人生を向上する目的で日本に1986年に始まった。今日では、日本を代表する最大の宗教組織であり、世界94ヶ国以上に活動を広げ、1100万人の信者を擁する。また、悟りの特徴とは、内観を通して自分が真に何者であるかを発見することだとも付け加えられた。そして、「大宇宙の叡智を学ぶことにより、人々は人生の目的を知り、本当の使命に目覚めることができるのです。どの宗教団体もこのような考えを受け入れることができると私共は信じています。といいますのも、神とは光であり愛であり真理であり信仰であるゆえに、神は常に人々の側らにずっとこれからもいらっしゃると思うからです」と説かれた。

※Jose Chameleone氏07/25ロンドンオリンピック開会式で歌う予定
Jose Chameleon Only East African to perform at the 2012 London Olympics ≫≫

みなさん嬉しそうです(新聞の記事)
553138_486174714742139_389736776_n.jpg
エジプトの衣装の男性の後ろには
あの杖が… 
Nobuhiko TakekawaさんのFacebookより




【今日の一転語】
仕事に生きがいを感じていない人が、仕事がよくできるようになることは、まれなのです。
■参照書籍
『幸福の法』 第2章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
ロングラン・ラン決定!!6/30(土)~7/6(金)
最終日まで、あと9日



◇ロングラン上映 東京の映画館は◇
・新宿ミラノ座
・品川プリンスシネマ
・ワーナーマイカル板橋
・ユナイテッドシネマ豊洲
・ユナイテッドシネマとしまえん
・109シネマズ木場

Video Seminar July 15th(Sun) “Be Strong”

  • 2012/06/27(水) 20:49:51

7月15日(日)の英語セミナーのお知らせです。

7月セミナー


We will have a English video seminar of Master Ryuho Okawa, “Be Strong” at Shibuya Shoja on July 15th.

You will be filled with courage and discover many hints to live your life stronger.
There would be a tea party after the seminar.
(*This time, we would kindly ask for suggested donation 1000 yen or more)

Let’s attend with many friends!

*************

Date: July15th (Sun) starts from 2:00pm – 3:30pm

Place: Happy Science Shibuya temple 5th floor
3-12, Uguisudani-cho, Shibuya-ku, Tokyo ≫≫

Topic: English Video Seminar “Be Strong”

Tea Party after the seminar 3:30pm – 5:00pm

*************
Happy Mission
Tel: 080-4134-7258
Email: happy-mission@happy-science.org



◆Today's Words of Wisdom◆
The purpose of being born in this world is to gain experience as a soul.
Failure and setbacks are a part of this experience, and it will remain in you as wisdom.

From "The Laws of Courage", written by Master Ryuho Okawa

◇Share words of wisdom with your friends and family!
To subscribe: ≫≫

Открытый семинар「ウラジオストク セミナー」のお知らせ

  • 2012/06/27(水) 08:08:37

今日はウラジオストクで行われるセミナーのお知らせです。前回3月末に、ウラジオストクでロシア語版『常勝思考」発刊記念セミナーが行われ、「次のセミナーは、いつあるんですか?」とか、「ロシア語で、他の本は、まだ出ていないんですか?」などなど大変好評でした。今回は引き続き「常勝思考」を題材に、「豊かな富の形成」という内容でセミナーが行われます。

◆日時:7月15日(日)14:30 ~
◆場所:ウラジオストク、 アジムトホテル 一階セミナー会場
◆演題:「豊かな富の形成」-Change your mind set to attract wealthy-
「常勝思考 第三章 富の創造」の法話を中心に 豊かさを創造する心の持ち方と夢を抱くことの大切さを学びます。英語からロシア語への逐次通訳形式で行われます。
◆講師:今井治朗 幸福の科学国際局講師
◆ツアー参加者募集:ご興味のある方はぜひご参加ください。7月14日成田発、7月17日
成田着、旅行代金は2名一室で10万円強です。
◆連絡・詳細:RDNまで northfrontier777@gmail.com

Открытый семинар

Привлечь богатствоВходo,
изменив свой склад разума!

Международный лектор, Доктор Джиро Имаи из Японии,
научитвас, как дарить счастье и добиваться процветания
с помощью силы непобедимого мышления!

День: 15 июля, 2012, Воскресенье
Время: 1430~
Место:1этаж, конференц-зал,
АЗИМУТОтельВладивосток
Адрес: Владивосток, ул. Набережная 10
тел: 4232-225520

Доктор Джиро Имаи,
к.m.н
Японский Бывший научный сотрудник
Национального
ИнститутаЗдоровья,
Фармацевтических Наук, Мэриленд,
США.
Международный лектор Хэппи Сайенс, который побывал
в 20 странах и провел более 170 лекций. Он известен как
дотор
для души и он рад делиться Истиной Духовного учителя
Окава
для нахождения истинного счастья для людей во всем мире.


Длябронирования: пошлитеписьмона
rdn.trans777@gmail.com
Подарим книгу всем, ктозаобранировалместоза
ранее по эл-почте!

無題



◆Слова мудрости за сегодня◆
"Тиэ но Котоба (Слова мудрости) за сегодня"
Половина неприятностей в жизни возникает из-за неподходящего желания.

Рюхо Окава 《ЗАКОНЫ СЧАСТЬЯ》 Первая глава: Как перестать быть несчастным


人生の苦しみの半分は、分不相応な欲望によるものです。
参考書籍:『幸福の法』(大川隆法 著)
Half the misery in life is the result of inappropriate desire.

from:"Ryuho Okawa""The Laws of Happiness"
"One:How to Stop Being Unhappy p21"


Приятного дня!

Рекомендуйте Вашим друзиям регулярное чтение этих письмах!
Регистрационная форма-
http://words.happyscience.me/?from=twwru
+-+-+-+-+-+-
Этот e-mail только для посылания.
Не посылаете никаких вопросов в эту адресу.
Щёлкните здесь, если вы хотите отменить регулярное чтение.
http://hs-g.org/b.p/103/
----------------------
Хэппи Сайенс
http://www.happy-science.org/?from=twwru
«Слова мудрости за сегодня»
http://words.happyscience.me/?from=twwru
(c) Рюхо Окава, Хэппи Сайенс. Все права сохранены.


映画「ファイナル・ジャッジメント」「正しく見る」とは・・・

  • 2012/06/26(火) 00:00:20

CIMG0702.jpg


いよいよ映画「ファイナル・ジャッジメント」ファースト・ランは残り4日となりました。みなさまご覧になってどのような感想を持たれたでしょうか。

映画のワンシーンに主人公鷲尾正悟が「八正道」の経典を眺めているところがあります。「正見」のページです。釈迦の八正道の最初の項目である「正見」ですが、このシーンの意味するところは主人公が「正しい信仰の立場に立つ」ということに「気付き」、「受け入れる」ことを表現しているように思われます。大川隆法総裁は著書『不滅の法』で「八正道」の「正見」について、次のように述べられています。(P.71~)
********************
この「正しい信仰」は、仏教でいえば、「釈迦の八正道」の最初の項目である「正見」です。
これは、「正しい信仰の立場に立つ」ということなのです。

「正しい信仰」の立場に立たなければ、世界は違ったもののように見えてしまいます。
善悪も人の評価も、違ったように見えるため、本当に人々のために行っている愛の行為が悪の行為に見え、悪しき行為が善の行為に見えてしまいます。

「正見」の立場は、「正信」、すなわち、「正しい信仰」の立場でもあり、「正しい信仰」があって初めて、「正しい観察」「正しい洞察」もできるのです。
********************
今、日本や世界中を見渡してみると、果たして「正しい信仰」というものが機能しているのかと不安にもなり、「宗教が多くの民族の対立と戦争を起こしている」と思わざるを得ない状況にしか見えないかもしれません。しかし、「正しい信仰」の立場に立ち、大いなる仏神の想いにフォーカスすることにより、この状況をどうとらえ、どう変えていかなければならないか、またどう行動していかなければならないかということを、より深く理解することができるようになるのです。信仰者であっても、日々揺れ動く心や感情に囚われることなく、「正しく見ることができているか」の点検を怠っていれば、一瞬にして仏神とかけ離れた世界と通じてしまいますし、第三者の立場に立って自分や自分の置かれている組織を俯瞰して見ることができなければ、判断を誤ってしまいますから、「信仰に目覚める」ということは厳しく、またとても責任の伴うものでもあるのです。よく、「宗教は弱い人がすがるものだ」とも言われますが、それは目覚めるきっかけのほんの一瞬にしかすぎません。仏神から与えられた慈悲の一瞬なのです。

映画「ファイナル・ジャッジメント」のレビューに次のような感想を書かれていた方がいらっしゃいましたので、ご紹介させていただきます。このような真摯なご意見をいただくことは本当にありがたいことです。私たち信仰者ひとりひとりが、また教団としても日々の「正見」を怠ることなく努力・精進を続けてまいりたいたいと思います。

*********************
・・・略
この映画は宗教が作ったとしたら、宗教はまともだ。正直で、本気でなきゃ作れないリスクを負っているはずだからだ。

ずっとこの映画のレビューを眺めてきて、映画もそろそろ終わりに近づいてきたが、ほかの映画レビューにはない、ふたこぶラクダな評価に最初、戸惑った。あまりにも、レベルが違いすぎる。

結果として、低評価の多くは、まともに相手にする知能の持ち主ではないとわかったし、高評価のは幸福の科学の会員だろう。

宗教を信じる人たちの、精神レベルがどれくらいかはわかった気がする。文化や学問、芸術の発祥が宗教にあるように、幸福の科学もまた、高度な文化を担う精神性を身につけていると感じるに充分だった。

そのせいか、映画は、標準的な日本人には理解が難しい飛躍があり、戦争の悲惨さ、中国人の人食い、仲間同士を分断させて統治する嫌らしさなど、もう少し「現実の歴史」をどこかに挟んで「見せる」程度の親切さはあってしかるべきだ。

批判のなかにあるように、表現においてはアマチュアだ。演技も、熱心さや心のピュアさは伝わるものの、どこか、まじめな優等生の手造り感を出ておらず、見る側に、行儀の良さを求めるような枠を感じて、のめり込み難い。

しかし、一方では、やはり宗教でなければ描けない精神世界の表現は抜群にリアルだ。心の中の「憎しみ」が悪魔を呼び寄せたり、宇宙即我、というあの感じは、この映画で始めて、イメージを理解できた。また、幸福の科学がほかの宗教とも共存することを明らかにしていて、ほっとしている。

これだけの宗教ソフトのある団体が、他の教団を食い始めたらちょっと怖い。他宗教を認め、共存してロールというネットワークを作る覚悟が本心なら、これからも、見ていく価値は充分にあるだろう。ただし、映画は一回見ただけではすっきりしない『食い残し感』がある。セカンドランもあるそうだから、もう1、2回は見てもいいかと思う。

他の映画を挟んでから見たら、この『食い残し感』の正体がわかるかもしれない。少なくとも、今までにない、メッセージ性のある、日本人の本気が感じられる映画だと、私個人は思う。

また、曲はあまり覚えていないが、最後の英語の曲は、もう1度聴きたい。
**************************


振り向けば愛~「ファイナル・ジャッジメント」挿入歌




【今日の一転語】
夢をいだいている人と、そうでない人とでは、人生を生きる自信がまったく違います。
他人に対する説得力が違います。
■参照書籍
『太陽の法』 第6章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと4日



目から鱗の第一回『HAPPY SCIENCE GINZAセミナー』!

  • 2012/06/25(月) 00:01:07

先日お知らせしましたが(この記事)、昨日第一回めの『HAPPY SCIENCE GINZAセミナー』が開催されました。参加対象者が「成功を志す若者」となっていたとおり、HAPPY SCIENCE GINZAの2階は「志を秘めた」若者たちで埋まり、読書好きの方はもちろんのこと、最近読書に興味を持たれた方も大満足のお話を、村上俊樹講師(『ザ・リバティ』編集部部長)より聞くことができました。

セミナーの演題が「DEAD or READ~読むか死ぬか。30代で『目が死んでるよ』と言われないためのサバイバル読書術」ということで、一体どういう内容なのか?と気になった方も多いのではないでしょうか。まさに演題がピッタリの内容でした。

読書好きになると、本の内容はもちろんですが、作者について、その本が出版されるに当たっての背景、知れば知るほど必要になってくる他の情報や知識etc. 関心の領域は広がる一方なのですが、どうしても自分の認識できる範囲でしか見ていない面が多々あります。また、通常は誰も読書が危険などとは思わないでしょうが、実は読書にはかなり危険な面もあるのです。(小中学校の読書コンクールなどの課題図書に「えっ!?こんな本を!?」と心配になることもあります。)お気づきになっていらっしゃる方も多いと思いますが、その日の心境によっても危険度が変化もするのです。また、高齢者が脳を衰えさせないで鍛えることのできる(つまり、○ケない・・・)本や読み方ってあるの?そして、効率のいい本の読み方は?そんな疑問の数々を満足させる、今まで気付かなかった読書についての「目から鱗」の数々のお話に一時間半があっという間に過ぎてしまいました。

次回の『目が死んでるよ』と言われないための』読書術(なぜ30代で・・・が前につくかも参加された方はきっとお分かりになったはずです。)のセミナーも自信を持ってお勧めいたします。昨日のセミナーのVTRも見ることができるようですので、詳しくはブックカフェ「HAPPY SCIENCE GINZA」にお問い合わせください。

AwH1raQCEAIVYvp.jpg
Book Caféから夜の銀座の街並みが見えていますが、
外からもセミナーの様子がとてもよく見えていました。



◇お問い合わせ
HAPPY SCIENCE GINZA
営業時間:Open 11:30 Close20:00
東京都中央区銀座2-2-19 ≫≫ 
TEL: 03-3535-3781
E-mail : happyscienceginza@gmail.com
HAPPY SCIENCE GINZA Facebook ≫≫
●JR山手線「有楽町」京橋口より徒歩3分
●東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」4番出口の前



【今日の一転語】
自分の自由にならないことを5年も10年も悩んでいるよりは、自分の自由になる部分、すなわち、自分の思いの部分を変えていく努力をすることです。
■参照書籍
『人生の発見』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと4日



5大陸制覇! 幸福の科学大川隆法総裁アフリカ・ウガンダ大講演会

  • 2012/06/24(日) 09:01:27

昨日6月23日(土)18時25分(日本時間 24日(日)0時25分)より、アフリカのウガンダ共和国・首都カンパラのNambooleスタジアム(マンデラ国立競技場)で大川隆法総裁の大講演会「The Light of New Hope」が開催されました。会員信者が倍増中のアフリカで、初めて大川隆法総裁の講演会が開催されると聞いて、たくさんの方々が参加され、歓喜の渦の中幕を閉じたそうです。

演題「The Light of New Hope」に込められた想いは、金の羽となって(映画「ファイナル・ジャッジメント」で象徴的な金の羽が出てきます。)参加されたお一人お一人の心に届いたに違いありません。そして、アフリカ大陸は必ず希望の大陸へと生まれ変わっていくことでしょう。
アフリカ・ウガンダ大講演会速報!

irKRY1ke.jpg

269293_2204076039146_1967536653_n.jpg
Brutus Robenson PresslakayさんのFacebookよりお借りしました。




【今日の一転語】
ときおり、現在の自分のあり方を振り返って、「自分は日々、人生の基礎をつくる努力をしているか」ということを考えなければなりません。
■参照書籍
『不動心』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと5日


増税が招く日本の滅亡

  • 2012/06/22(金) 00:59:24

三党合意が出来上がり、衆院通過も確実となってしまった「社会保障と税の一体改革関連法案」ですが、これが「子供につけを回さない」法案なのか?民意を無視した(反対はすでに過半数を超えている)この動きに怒り心頭、怒髪天を衝く・・・どんな言葉を使っても怒りが治まらないのですが、6月21日の幸福実現TVはついき秀学幸福実現党党首を迎え、「亡国」をテーマに増税と社会保障により陥る悪循環とは、景気回復による経済成長、国土を守るなど、あらゆる観点からみる本当の「子供につけを回さない」成長戦略について語っていただきました。

尚、詳細は本日発売の「フジ産経ビジネスアイ」に掲載中のついき党首のコラム「ついき秀学の未来への決断」にてご確認ください。
ついき秀学公式サイト
消費増税に関する3党合意を受けて(06/17幸福実現党プレスリリース)


増税が招く日本の滅亡


6月28日(木)21:00~の幸福実現TV
「日本の国土を守れ!沖縄・離島からの報告」


■幸福実現党HP ≫≫
■Happy-Science TV ≫≫

3党確認書要旨 社会保障と税の一体改革(06/21/12:10産経)
国会延長9月まで 早期解散をめぐる攻防激化へ(06/21/00:03産経) 
民主、自民に抗議 修正合意の「マニフェスト撤回」発言を問題視(06/21/14:34産経)
※社会保障・税一体改革の修正協議の3党合意(06/19 Economic Trendsマクロ経済分析レポート


【今日の一転語】
世間には、いろいろな考え方の人がいるので、自分の見方があまりにも偏りすぎていると思ったら、少し、違う人の視点で見る癖をつけた方がいいかもしれません。
「この人から見たら、自分はどう見えるのかな」というような感じで、自分を相対化するのです。
■参照書籍
『知的青春のすすめ』 第3章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと7日
※沖縄は明日6月23日に公開です!!


『無限の富をあなたに!!』(2) 6月22日(金)鈴木真実哉教授金曜セミナ-のお知らせ

  • 2012/06/20(水) 22:08:49

“人生の不安を、日本の不況を打ち砕く、繁栄マインド” を学ぶ

今月の金曜セミナーでは、前月に引き続き『繁栄思考』の学びを深めて参ります。
今回は、ナポレオン・ヒルの生き方から富の法則を学んで参ります。

皆さまの参加をお待ちしています。


■講師:鈴木真実哉 聖学院大学政治経済学部教授
■プロフィール
  1954年生まれ。聖学院大学政治経済学部教授。
  専門分野の金融論のほか、貨幣論、シュンペーター理論などを研究。
  著書に『格差社会で日本は勝つ』(幸福の科学出版)、
  共著に『カオスの中の貨幣理論』(雄松堂出版)、『金融入門』(昭和堂)
  などがある。

日時:6月22日(金)19:30-21:00
場所:東京中央支部 3階 礼拝室 ≫≫
演題:『無限の富をあなたに』Part-2
講師:鈴木真実哉教授
参加費: 2000円(学生1000円)
参考書籍:『繁栄思考』

※GINZA Book Cafe 向かって右側の支部入口からお入りください。
19:00-19:20夕べの祈りにもご参加いただけます。

参加ご希望の方、ご質問などは下記へご連絡お願いいたします。
「日本の未来を考える」事務局:midori777happy@yahoo.co.jp

※東京中央支部 
Tel:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com

繁栄思考」 
bk_hanei.jpg


※鈴木真実哉先生は、FMたちかわ「明日への羅針盤vol.24」(2012年4月21日放送)「増税反対の声に耳を傾けよ」にゲスト出演されましたが、児島一郎さん(幸福実現党 幹事長代理)の公式サイトで、紹介されています。増税の何が問題なのか、どうすればいいのかを、とても分かりやすく解説してくださっているのをポッドキャストで聞くことができます。≫≫



【本日の格言】
自分が持っていない良さを、相手の中に見いだしていく努力こそが、すべてだと思います。
お互いに相手のよいところを見つけていき、向上していくことが大事なのです。
■参照書籍
『限りなく優しくあれ』 第3章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開



アフリカで初の大川隆法総裁 講演会を前に、今、ウガンダでは・・・

  • 2012/06/19(火) 00:22:19

「空港を降りて首都カンパラに向かう光景は、どこもかしこも「ワールドティーチャー、リュウホウオオカワ講演会」のポスター、看板でいっぱい!なんだこの光景は!
今、ウガンダは主の講演を待ち望むムードに満ちあふれている。
国民的な歌手が信者となったとのことで、まさに歌えや踊れという感じなのでしょうか!」

これは、先日仕事でウガンダに立ち寄られた信者さんのコメントです。今週末に、ウガンダ共和国の首都カンパラのNambooleスタジアム(マンデラ国立競技場)で大川隆法総裁の講演会が行われるのですが、地元は歓迎ムード一色のようです。 じわじわと中国が触手を伸ばしてきているアフリカで、大川隆法総裁の講演会が行われるということには、非常に大きな意味があります。

picture20195.jpg


ウガンダはアフリカでは一番早くから仏法真理の教えの広まった国です。2008年12月に支部が開所され、2011年8月にはウガンダ支部精舎が落慶し、ウガンダだけでなく全アフリカの信者にとっての希望の地となりました。元々キリスト教の地盤のある信仰心厚い土地柄ですから、ボランティア活動、チャリティ活動などをはじめ、信者さんの使命感の強さには目を見張るものがあります。2009年の12月にはエル・カンターレ祭初日(12/06)に国営放送UBCで、映画「仏陀再誕」ルガンダ語吹き替え版が放映され(CMも流れていた)、ウガンダ各地から問い合わせの電話が引っ切り無しに掛ってきたと聞いています。 5月に行われた経営者セミナーの様子などもUSBTVのニュースで放映されていますが、ウガンダをはじめ、アフリカの国々では宗教的真理を求める気持ちだけでなく、「日本の成功の秘訣を知りたい。」という思いがとても強いようです。最近では、支部での病気平癒祈願やお祈りで、病気が快復する人たちが毎日、毎日後を絶たず、こちらの奇跡でもかなり知られてきているようです。

また、今月に入ってからThe Observer(イギリス系の新聞)で幸福の科学が紹介されました。(ウガンダ版06/14の記事"Happy Science aims to unite all world religions")また、 06/10の記事では講演会を前にした様子などの話題が出ていますが、幸福の科学のゴスペルシンガーの話題なども取り上げています。Jose Chameleone(国民的歌手で信者でもある)をはじめとするウガンダの歌手と、ナイジェリアのKing Wadadaが「ようこそHappy Scienceへ」という内容のアルバムをリリースしたとも紹介されています。彼等は大川隆法総裁の講演会でもパフォーマンスするようです。普段の日曜礼拝式の時などにもゴスペルが歌われているそうで、本当に所変われば、式典も変わるんですね。
※King Wadada - Happy Science(YouTube) ≫≫
※Jose Chameleone ≫≫

ウガンダでの講演会の様子も国営放送で放映されるにちがいありません。そして、映画「ファイナル・ジャッジメント」も近々に放映されることでしょう。 アフリカンミュージックの調べに乗って、真理の光が広がり、アフリカ大陸が「暗黒」から「光」の大陸へと生まれ変わっていくことを、心よりお祈りいたします。

※ウガンダ支部サイト ≫≫

こんなトラックも走っている…
550755_481707468522197_2018103795_n.jpg
Nobuhiko TakekawaさんのFacebookよりお借りしました。


King Wadada - Happy Science





【今日の一転語】
人間は、他人を愛することが道徳的によいことだから、他人を愛さねばならないのではなくて、本来、他人を愛するような性質を持って生まれてきているのです。
■参照書籍
『反省の手引き』
※非売品



◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


日本を中国の自治区にしないために

  • 2012/06/18(月) 01:15:36

5月26日、宮崎県日向市の細島港に大型クルーズ客船「コスタ・ビクトリア」(イタリア船籍、7万5千トン)が初寄港したというニュースがありました。乗客定員2,464人で、同県に寄港したクルーズ船では過去最大級。岸壁では市民が和太鼓の演奏やお茶の接待をして乗客をもてなしたそうですが、この客船は中国・上海を23日に出港し、韓国・済州島、福岡、細島を巡って上海に戻ったそうです。

ツアー参加者は中国を中心に韓国、欧米からだそうで、7回の寄港でざっと1万4,000人の外国人ツアー客が訪れる計算になります。地元では経済効果にとても期待しているようですが、「嬉しそうにもてなしている場合か?」と思えてなりません。

5年位前から、九州への外国船籍のクルーズ船寄港が急増しています。博多港、長崎港、鹿児島港の3港は激しい誘致争いをしている(この3港以外では、屋久島の宮之浦港と宮崎県の細島港)そうですが、中国では、2009年7月には、年収25万元(約313万円)以上の限られた富裕層を対象に個人観光ビザを解禁、2010年7月からはゴールドカードを所有してれば年収6万元(約75万円)以上で個人観光ビザOKとなるなど、対象が中間層にまで拡大され、以前は15日だったビザも今は90日に延ばされ、その上旅行者本人のみならず2等親までの親族も付いてくることができるようになったため、中国からの観光客は年々急増しています。

先日、沖縄が危ないという記事を載せましたが、沖縄だけでなく、九州もしかりです。武器がなくても日本を占領するのは楽勝だと思われているようです。ある日、気がついたら・・・映画『ファイナル・ジャッジメント』で描かれている世界を彷彿とさせます。

巨大クルーズ船が宮崎初寄港(西日本新聞5/27)
経済効果に期待-細島港(夕刊デイリーWeb 05/08)
※ 韓国クルーズ船:「クラブ・ハーモニー」、細島港に初入港 /宮崎(毎日jp05/17)
沖縄・九州防衛プロジェクト


次にご紹介するのは、2011年8月4日(木の)幸福実現TVです。ゲストに元警視庁刑事、北京語通訳捜査官(現在は「中国が世界に知られたくない不都合な真実」など、執筆で御活躍)の坂東忠信氏をお迎えしての、「日本を中国の自治区にしないために」という話題でしたが、今あらためて知っておいた方が良い内容だと思います。坂東忠信氏は、通訳の警察官として1,400人の中国人と接した経験から、中国人の気質を熟知されています。中国の人たちが一体どんな考え方をしているのか、そもそも生き延びるためのカルチャーが全く違う彼らの行動とは・・・そして考え方、文化、思考回路の全く違う中華思想のお話など日本人の感性では理解不能な考え方に、何か思考がストップしてしまいそうな内容です。最後の方で坂東氏は「闘う相手は中国共産党でも、中国人でもありません。闘う相手は中華思想なのです。」とおっしゃっていますが、ともすれば中国人憎しのバッシング内容ばかりがネットを通じて伝染しがちですので(相手と同じになってしまいます・・・)、これは押さえておくべき大切なことではないでしょうか。

◆坂東忠信氏プロフィール◆
宮城県出身。昭和61年警視庁に奉職。巡査を拝命後、
交番勤務員、機動隊員、刑事、北京語通訳捜査官として
新宿、池袋などの警察署、警視庁本部で勤務。
中国人犯罪の捜査活動に多く従事。
平成15年、勤続18年で警視庁を退職。
退職後は作家として執筆、
保守論壇に加わっての講演活動を展開し、
わかりやすくお伝えすることを信条に
テレビ・ラジオなどにも出演。
防犯講師、地方県警部外司法通訳としても、
日本の危機と中国の脅威、
中国人犯罪の実態を訴える活動を継続中。
趣味は骨董鑑賞。

公式ブログ「外国人犯罪の増加から分かること」
坂東忠信公式サイト「中華思想の危険性を、あなたはどれくらいご存じですか?」

第22回「日本を中国の自治区にしないために」



大川隆法総裁が法話「東アジアの解放と大調和のために」(2012年1月22日総本山・正心館において)の質疑応答で、インドのネオブッディズム(新仏教運動)に対し、「私は、そんな狭いものではありません。『インドに生まれたすべての人たちは、仏子として平等である』という考え方です。その意味では、朝鮮半島に生まれようと、中国に生まれようと、日本に生まれようと一緒です。政治体制等で、いろいろ対立を生んだりするようなことが起きますが、そのときには、やはり、『どういう結果になっていくことが、未来の人々にとって幸福になるか』ということで正義の判定をしなければいけませんし、そちらのほうに導いていくべきだと考えているということです。」とお話くださいました。幸福の科学の歩む道は、常にこの考え方が根本に流れているのです。
ネオブッディズム(新仏教運動)


【今日の一転語】
他の人に対して、いつも疑ってばかりいたらきりがありません。

もちろん人間は、すべてが自分の思うようにはいきませんし、裏切られることもあります。
しかし、「そういうこともあるな」ということを心の一部には持っていながら、大きなところでは信ずる心が大事ではないかと思うのです。
■参照書籍
『悟りの挑戦(上巻)』 第2章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


映画「ファイナル・ジャッジメント」の魅力に迫る!

  • 2012/06/15(金) 19:53:28

なぜ幹事長代理が映画プロジェクトリーダー?

今日は幸福実現党幹事長代理であり、映画プロジェクトリーダーでもある児島一郎さんをお迎えして、福島・いわき市の復興支援のお話を始め、映画「ファイナル・ジャッジメント」の撮影の苦労や、見どころを思う存分語っていただきました。舞台挨拶の様子やネタバレ?のお話、秋に上映されるアニメ「神秘の法」の話題など、もう映画をご覧になった方も、まだ観ていらっしゃらない方にもお楽しみいただける30分です。

児島一郎さんご自身のブログでも映画の話題を掲載されています。 ≫≫



6月21日(木)21:00~の幸福実現TVは、
ついき党首を迎え、「増税が招く日本の滅亡」



※幸福実現TV ≫≫ 



【今日の一転語】
「信念」とは、心の中に、きちんと不動のものを持っていることです。
たとえどのようなことを言われても、どのような評価を加えられようとも、自分自身の中に、きちっと不動で持っているもの、これが信念なのです。
■参照書籍
『「信仰と愛」講義』
※非売品


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開



日本占領はありえない?

  • 2012/06/14(木) 22:53:56

今日、「中国から尖閣抗議船出港」というニュースがありました。尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する台湾や中国、香港などの民間団体でつくる「世界華人保釣連盟」のメンバーからの発表で、中国の活動家グループが抗議船を出港させたというものです。

また、米軍普天間飛行場や岩国基地で試験飛行の後配備される予定の垂直離着陸輸送機オスプレイですが、フロリダ州の基地内で墜落したことを受けて、政府は事故の原因が分かるまでは、配備に向けた手続きを当面見合わせる考えを示しました。
オスプレイ配備が延期されることの発表確認と同時のようにも見える、中国側の尖閣諸島領有権を主張する行動です。(この迅速さ、政府に見習って欲しいものです。)

オスプレイの安全性に疑問を訴え説明を要求し確認するのは当然ですが、同時に中国の尖閣諸島侵略に対しての抑止力の強化も並行して行われなければならないと思います。反対派は常に感情論で訴え、マスコミはそれを意図的に扇動していますが、現実をもっと見据えた論議と行動なしには、いつまでたっても解決には向かわないのではないでしょうか。

5月13日、ユートピア活動推進館で行われた説法「宗教立国の実現」の中で、幸福の科学グループ、大川隆法総裁は、幸福実現党が立党3周年を迎え、国政の中心地赤坂に進出したことについて、「世間もいよいよ本気なのかという気がしてきたと思います。」と、党の活動本格化を表明。「私たちは目先のポピュリズムに走らず、人気取りでないことを、不退転の気持ちで言っています。」と、国難への警鐘を鳴らし、この国をより良い方向へ導いていくことを、改めて宣言されました。そして、「沖縄のマスコミ世論調査で米軍基地の県外移転を支持する人が圧倒的に多い…」という質疑応答の中で、 「間もなく、沖縄県民が度肝を抜かれるようなことが起きるだろうと思います。どれほど自分たちが逆洗脳をかけられているかと分かるようなことが間もなく起こるでしょう。」という予言をされましたが、本当に近い将来、映画「ファイナル・ジャッジメント」で描かれているような事態があり得るということです。「まさか、日本がそんなことになるわけがない。」とか「武器を持たず、戦争放棄しているのだから、戦争には巻き込まれない。」とか「平和憲法を守る限り、戦争にならない。」とか、そのような超楽観的な考えはもう通用しないということです。

「感情」はとても伝染性があり、「空気」を作る世論誘導に利用されやすいのです。感情論で判断するのではなく、正しいか正しくないか、正しさはどこにあるか、真実はどこにあるかを常に探究する心構えなくしてはこの時代を乗り越えていくことはできないでしょう。また、世論誘導はいつも末端の一事項についての選択を迫ってきます。「あなたにとって都合がいいかどうか・・・」「みんなにとって都合がいいかどうか・・・」みんなとは誰なのでしょう。みんなの中には、今現在生きている日本人だけでなく、未来の人たちもいるはずです。そして、日本人のみならず世界中の人々もいるはずです。何故なら、自分たちだけが幸福ということはあり得ないからです。大局観のない、未来を見据えないマスコミや、むやみやたらと反対運動をする人たちの扇動に乗っていないかどうか、今一度考えてみることが大切なのではないでしょうか。

尚、月刊「ザ・リバティ」7月号で「沖縄で起きる『度肝を抜く出来事』とは何か?」という記事が掲載されていますので、詳しくはリバティをごらんください。≫≫ 

月刊「ザ・リバティ」7月号
05222026_4fbb77fae10ce.jpg



※V-22オスプレイ (Wiki)≫≫ 
※配備手続き見合わせ=オスプレイ事故、原因究明まで-政府(2012/06/14時事ドットコム)≫≫
※沖縄知事「配備とても無理」(2012.6.14産経) ≫≫
※地図:旧型ヘリとオスプレイの作成行動半径の比較 ≫≫
※地図:福建省の新空軍基地 ≫≫  



【今日の一転語】
水面下の自分にこそ、自信を持てるようにならねばなりません。
人の評価の対象とならない部分の自分にこそ、自信を持たねばならないのです。
■参照書籍
『悟りの原理』 第二部


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開




ロイターのニュースで紹介!!映画「ファイナル・ジャッジメント」

  • 2012/06/13(水) 21:30:09

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」 



先週、6月7日に世界最大の通信社ロイターの取材を受けた映画「ファイナル・ジャッジメント」。取材は赤坂のユートピア活動推進館で行われましたが、このニュースはアメリカ本社のサイトだけでなく、日本、イギリス、インドのサイトでもアップされ、各国に配信されました!!

US本社サイト:"Japanese movie funded by religious group" 
日本サイト
イギリスサイト
インドサイト
※ロイター自身が、Daily motion にもアップしてPRしています!! ≫≫


【ナレーション原文】
A new-age religious group is warning of a potential invasion of Japan in a new film. In Final Judgement, Japan becomes occupied by a fictional Asian nation, the People’s Republic of Ouran. A group of young Tokyo residents form a resistance movement against the occupation, eventually getting rid of the invaders. It was funded by Happy Science, which believes that it can save all humankind through the dissemination of universal Truth.
“All around Japan, there are countries increasingly beefing up their military presence to potentially invade other nations. Japanese people don't really appreciate this, so we at Happy Science want to alert Japan to this situation, set alarm bells ringing.”
The producers say that they're not pointing the finger at any country in particular.
“If people who've seen the film think it's about China, well, they're welcomed to. Some people might also think it's about North Korea -- I don't know. In that sense, I'll just leave it up the viewers to make up their own minds.
Audiences seem to be keen to buy into the message - the film came in fourth at the Japanese box office this week, grossing more than 1.5 million dollars.

【翻訳】
ニューエイジの宗教団体は、新しい映画の中で日本が侵略される可 ¬能性があることを警告しています。『ファイナル・ジャッジメント ¬』では、日本が架空のアジアの国オウラン人民共和国に占領されま ¬す。東京在住の若いグループが、占領に対する抵抗運動を組織し、 ¬最終的に侵略者を追い出します。この映画は、幸福の科学が資金提 ¬供しました。幸福の科学は、普遍の真理の普及によって、すべての ¬人類が救われると信じています。
「日本は、他国に侵略する可能性 ¬のある軍隊をますます増強させている国に囲まれています。日本人 ¬は、これについてあまり認識していないので私たち幸福の科学が日 ¬本にこの状況について警告し、警鐘を鳴らしているのです。」
映画のプロデューサーは、特に特定の国を指しているわけではない ¬と言っています。「この映画を観た人は中国のことだと思うかもし ¬れませんが、それは自由です。また北朝鮮のことだと思う人もいる ¬かもしれません。それはわかりません。それは、見た方にお任せし ¬ています。」
観客は、映画のメッセージに強く共感しているようです。この映画 ¬は、今週の日本国内の興行成績ランキング第四位に入り150万ド ¬ル以上の収入を上げています。


○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫ 
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫  
○全国上映館はこちらから ≫≫  


【今日の一転語】
「自分の人生にとって何が大事なのか」ということを考えたならば、次に、それを基準として優先順位を決めることです
そして、どうしても選ばなければいけない状況になった場合には、優先順位の高いほうを選べばよいのです。
■参照書籍
『生命の法』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


『HAPPY SCIENCE GINZAセミナー』ご案内

  • 2012/06/11(月) 22:45:11

陽気も良くなり、週末も大勢の人で賑わう銀座でした。ブックカフェの入り口には、戸外でもくつろいでいただけるよう小さなテーブルも(2名様用)出ており、そこで初夏の日差しを浴びながらコーヒータイムをお楽しみいただけます。最近では、ブックカフェにいらしたお客様が東京中央支部(3,4,5F)を訪ねてくださったりもしています。もちろん支部でもゆっくりくつろいで読書、DVD鑑賞などできますので、銀座にお越しの際は気軽にお立ち寄りください。


CIMG0733.jpg

CIMG0710.jpg

映画「ファイナルジャッジメント」鑑賞券の半券を
ご持参の方にプレゼント!まだ間に合いますよ。
CIMG0731.jpg   


今日はブックカフェ「HAPPY SCIENCE GINZA」からのお知らせです。どれも、ワクワクしてくるセミナーです!

+++++++++++++++++++++++++++++++++

ブックカフェ「HAPPY SCIENCE GINZA」では、6月下旬から、あらゆる世代・分野の方にオススメの5つの新セミナーが目白押し!ぜひ、ご活用ください!

◆セミナー ラインナップ◆
「DEAD or READ~読むか死ぬか。30代で『目が死んでるよ』と言われないためのサバイバル読書術」
日時:6/23(土)19:00~20:30
対象:成功を志す若者
講師:村上俊樹(『ザ・リバティ』編集部部長)
参加費:1,000円


「恋愛セミナー ~HAPPYな恋が成就する秘密の法則」
1000名以上が泣いて笑った大人気セミナーが銀座で初開催!
幸せな恋愛に巡りあうための自分づくりとは?

日時:6/30(土)19:00~20:30
対象:20代30代の女子限定
講師:松尾円香(幸福の科学ヤング・ブッダ渋谷精舎講師)
参加費:1,000円


「Happy Thinking セミナー ~幸福を実現する4つのルール」

ハッピー・ライフをはじめよう!「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)入門」
第1回目は「愛の法則」――全世界90カ国以上に広がる、ハッピー・サイエンスの「幸福の原理」を体感しよう!

日時:7/1(日)10:30~12:00
対象:幸せな人生を歩みたい方、新三帰者、新会員
講師:マツオ・デラックス(Happy Science講師)
参加費:2,000円


「美オーラと食」

美の入門セミナー。男子禁制。セミナー内容は門外不出!

女性誌『Are You Happy?』の編集長にして、野菜ソムリエの船井久理子さんから美オーラの真髄を学ぶ。

美しくなるためのオイルから美容ドリンクの試飲まで…。ここでしか言えない自分磨きの秘訣が満載!
ミロク局長も、一緒に受講します!

日時:7/14(土)11:00~12:15
対象:美意識を高めたい女子限定
参加費:1,500円


革命はいつも、カフェからはじまる。「革命サロン」

幸福実現党の青年局長・釈量子さんを招いて、「いま何をなすべきか」を熱く激論!

日時:7/15(日)19:00~(終了後、懇親会あり)
対象:志ある本気の革命児限定
参加費:1,000円


セミナー申込みURL ≫≫

セミナーに関するお問い合せは
HAPPY SCIENCE GINZA
Tel 03-3535-3781
Email happyscienceginza@gmail.com
営業時間:Open 11:30 Close20:00
東京都中央区銀座2-2-19 ≫≫ 
●JR山手線「有楽町」京橋口より徒歩3分
●東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」4番出口の前

HAPPY SCIENCE GINZA Facebook ≫≫



【今日の一転語】
原因不明の病気になったりする人は、多くの場合、憎しみの感情を強く持っています。
「許せない」という憎しみの感情を持っていると、精神の作用によって、体の中に病巣ができてくるのです。
■参照書籍
『大悟の法』 第2章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


大ヒット御礼!舞台挨拶in新宿ミラノ座(2)

  • 2012/06/10(日) 14:05:44

o0320021312019639290.jpg



昨日のミラノ座での舞台挨拶では、何といっても初主演、初舞台挨拶の三浦孝太さんの御挨拶が感動的でした。三浦さんも、その感動を自らのブログに綴っていらっしゃいます。観る側としても、初主演の俳優さんの初舞台挨拶に遭遇するのはなかなかないことですから、共に忘れられないすばらしいひと時を過ごせたことに感謝です。この日のブログの題名が「感謝感謝感激感謝感謝(>_<)」ですから、どんなにうれしかったか分かりますね。これから数々の経験を踏んで、きっとすばらしい俳優さんへと成長してゆかれることでしょう。

三浦さんのご挨拶の中で、一番心に残った7分間の説法シーンのことを話されていましたが、「エキストラのみなさんが、真剣に自分の言葉を聞いてくださっているのが分かったので、少しでも思いを伝えたいという気持ちが強くなり、あのシーンになったのです…」とおっしゃっているように、胸の熱くなるシーンです。クライマックスのこのシーンの言葉を理解しようと悩み悩んで得たものを、魂と熱意を込めて伝えようと努力されたそうですが、それがストレートに伝わってきます。

※三浦孝太さんのブログ ≫≫

※映画「ファイナル・ジャッジメント」大ヒット御礼舞台挨拶―主演三浦孝太さん「うれしいの一言です」(幸福の科学公式サイト) ≫≫


三浦浩太さんのブログよりお借りしました。「お気に入り」の写真だそうです。
o0480064011933317682.jpg



○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫ 
○全国上映館はこちらから ≫≫


【今日の一転語】
どんなに磨いた鏡であっても、その表面にごみやほこりがついたならば、人の姿を正しく映すことはできないでしょう。
同じように、私たちも常に正しき心の探究をし、みずからの過ちを一つひとつ拭い去ってゆく努力をしなければ、心の鏡に映る世界はいびつなものになっていくはずです。
■参照書籍
『無限の愛とは何か』 第1章

◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開





大ヒット御礼!舞台挨拶in新宿ミラノ座(1)

  • 2012/06/09(土) 20:12:14

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」 

今日の新宿ミラノ座での映画「ファイナル・ジャッジメント 大ヒット御礼!舞台挨拶」には、日本一と言われている1000人のキャパを遙かに越え、1400人もの方が参加され大盛況でした。400人の立ち見、そして入場できなかった方々もいらしたそうです。雨の中早くから行列ができたと聞いて、出演者のみなさまも驚いていらっしゃいました。

主演の三浦孝太さんはじめ、ウマリさん、海東健さん、そして大ベテランの宍戸錠さん、水澤 愛奏さん、そして挿入歌を歌っていらっしゃるJunさん等が、それぞれとても個性的で楽しい御挨拶をされました。三浦孝太さんは高校生の頃よく新宿ミラノ座にいらしていたそうで、役者になろうと決意したのもその頃だったそうです。初主演の映画の初舞台挨拶は、感動で声をつまらせていらっしゃいました。今もお茶目な宍戸錠さんは、終始サービス精神に溢れ、心配りをされる姿が印象的でした。そして、若い俳優さんたちが育っていくのがうれしくて仕方ないようでした。

三浦さんの御挨拶の中で「最近、映画館が寂しい。映画はやっぱり映画館で観るもの・・・」とおっしゃっていましたが、やはり家でDVDで観るのと違って感動も大きいです。インターネットの普及はもちろんのこと、映画の種類も増え、選択肢も多くてなかなかヒットに繋がらないということもあるかもしれませんが、日本の映画産業が、もう一度息を吹き返して行くことを期待したいです。

※本日の舞台挨拶の模様--シネマトゥデイ
※映画「ファイナル・ジャッジメント」舞台挨拶大盛況! 宍戸錠もご満悦--The Liberty web
※宍戸錠 ダンディー全開で舞台あいさつ--デイリースポーツオンライン

ミラノ座を出ると、降りしきる雨の中、幸福実現党、ついき党首が街宣中。
ちょうど「日米同盟強化・・・」を熱く訴えていらっしゃるところでした。

CIMG0730.jpg

○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫ 
○全国上映館はこちらから ≫≫


【今日の一転語】
「愛を与える」とはどういうことか言うと、どうすればひとりでも多くの人々が幸せに生きられるかを考えながら、日々生きるということです。
■参照書籍
『太陽の法』 第3章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開





南モンゴルの現状と新たな選択

  • 2012/06/08(金) 21:48:56

先週の幸福実現TVは「ウィグルの歴史と現状について」と題し、ウィグル問題についてのお話でしたが、今週はやはり中国自治区として大変悲惨な状況を強いられている南モンゴル(内モンゴル)ではどうなっているのかを、ゲストのオルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党幹事長)に伺いました。モンゴルでは死者10万人、負傷者10万人という大変な数の人々が中国共産党の粛清を受けているそうです。その拷問、虐殺の様子、決死の思いで立ち上げた「モンゴル自由連盟」についてなどもお話くださっています。

◆オルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党幹事長)
1966年内モンゴル自治区アル・ホルチン旗生まれ。89年内モンゴル師範大学卒業。2000年に来日。08年大阪大学大学院博士後期課程修了。06年モンゴル自由連盟党を結成。機関誌「自由モンゴル」の編集長も務める。「月刊ザ・リバティ2011年3月号記事 国が滅ぶ理由」でも紹介。
※2012.05.04 記事 「5.3 憲法を変えて日本とアジアの自由を守る! 国民集会&デモ」開催報告(2)」でオルホノド・ダイチン氏のご挨拶を紹介しています。(Youtube画像)
※2011.01.29 Libertyweb 「国が滅ぶ理由」
※2012.03.24 Libertyweb「検証 中国の 日本解放工作 内モンゴル、ウイグル、チベット、そして...」(1)
※2012.03.24 Libertyweb「検証 中国の 日本解放工作 内モンゴル、ウイグル、チベット、そして...」(2) 

「南モンゴルの現状と新たな選択」

6月14日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「映画『ファイナル・ジャッジメント』の魅力に迫る」



※幸福実現TV ≫≫


【今日の一転語】
少しずつ自信をつけていくことによって、劣等感は薄まっていきます。
小さな成功が積み重なっていくと、だんだん、劣等感を持っていた自分のことを考えなくなってくるのです。
■参照書籍
『ハウ・アバウト・ユー?』 第3章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開


Theaters List of English Subtitled Movie「The Final Judgement」

  • 2012/06/05(火) 01:36:15

Japan is suddenly under occupation.

What would you do if

this happens to your country?


This is a prediction of the near future.

Near future, Japan is occupied under a military dictatorial country of Asia.
What is the ’last hope’ for the people who are left with no freedom
and nowhere to escape?
Can ‘love’ transcend the “chain of hatred” that is created
by the differences of country and philosophy?
This is a shocking prediction movie of what may happen in Japan
in approaching 2012.

425902_155833827865321_909929573_n.jpg

The Final Judgement


Story : The year 2009, Shogo Washio(26) feels a danger to an Asian country, Ouran for the expansion of military power and decides to rn an election to appeal the national crisis. He gets support from his friend Kenzo Nakagishi and his group of friends, and Ouran lady Lin(20), but it results in a crushing defeat.
After few years, Shogo’s fear turns into reality. The skies of Tokyo are filled with military helicopters.
Japan becomes People’s Republic of Ouran and under the occupation, freedom of speech and religion is lost and those who resist the dictatorship are summarily rounded up an put to death. During this time,
Shogo joins up with the underground organization ROLE, shich is sheltering believers oppressed by Ouran. In the world where people have lost hope, what is the ‘role’ Shogo and his friends each discovered…?

Cheer up! Fukushima!
We really appreciated your support during the 3 months of shooting at Iwaki City.
Thank you !!



◆English Subtitled Movie Theaters List◆

Cinema

Date

Sapporo

Sapporo Cinema Frontier

011-209-5400

June

16Sat)、17Sun

Tokyo

Shibuya

Human Trust Cinema

03-5468-5551

16Sat)、17Sun)、

23Sat)、24Sun

Kanagawa

109 Cinemas MM Yokohama

045-664-0109

16Sat)、17Sun

Kanagawa

Yokosuka 

HUMAX Cinema

046-820-0200

16Sat)、17Sun

Aichi

109 Cinemas Nagoya

052-541-3109

16Sat)、17Sun

Osaka

Namba Parks Cinema

06-6643-3215

16Sat)、17Sun

Fukuoka

Nakasu Taiyo Cinema

092-291-4058

16Sat)、17Sun

Okinawa

Sakurazaka Theater

098-860-9555

July

6Fri)、7Sat)、

8Sun

                                       
 


○Movie「The Final Judgement」Official website ≫≫
○Facebook ≫≫
※Other articles about the Movie >>
※Other articles about the Movie in English >> more >>


◆Today's Words of Wisdom◆
What concerns the mind, or what happens in the mind can be undone because the inner world encompasses past, present and future.
From “The Laws of Happiness”


◆Movie「The Final Judgement」nationwide release from 6/2 to 6/29 !!
※Begin showing on 6/23 in Okinawa.



映画「ファイナル・ジャッジメント」大ヒット御礼舞台挨拶 が決定!

  • 2012/06/04(月) 09:48:32



日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」



映画「ファイナル・ジャッジメント」、今日で三日めとなりました。初日、2日目は土・日でしたから、どこの映画館も家族連れが多かったようです。この映画はこれまでの他の映画と同様に、日本での上映の後、世界中で上映会が行われるはずです。中国の人たちもきっと何らかの形で見ることになるでしょう。そして、昨年1年間の暴動が18万件とも言われて中国ですが、その民主化もまた一歩前進していくに違いありません。

さて、「ファイナル・ジャッジメント」大ヒット御礼!メインキャストによる舞台挨拶が行われることになりました。

◆「ファイナル・ジャッジメント」大ヒット御礼舞台挨拶

◆日時:6月9日(土)11:00の回上映終了後

◆場所:新宿ミラノ
http://www.tokyucinemas.net/​theater_list/shinjyuku_top/

◆登壇者(予定):
三浦孝太、ウマリ・ティラカラトナ、海東健、水澤愛奏、宍戸錠、​JUN

※詳細は Facebook オフィシャルページで  ≫≫


ところで、主演の三浦孝太さんは、高校生の頃から憧れていたという新宿ミラノ座で、初日密かに映画を見ていらしたそうです。初の主演作ですから、とても緊張されたことでしょう。作り手も演じる人も、映画に込められたメッセージをどれだけ人に伝えることができるかというのが最大の目的ですから、気楽に見る側には想像もできない程の緊張感があったことでしょう。≫≫ 

映画作りに関わった人たちは一様に、その魅力に取りつかれてしまうと言われます。それはきっと2時間前後というとても短い限られた時間の中で、どれだけ多くの感動や喜び、楽しみを多くの人に伝えられるかという事を、魂と身体で知ってしまうからなのでしょう。そして、それは言葉を変えて言うなら、「愛」の表現ということでもありましょう。ですから、「愛は与えた人のものとなる」という言葉がありますが、喜びを伴っているのだと思います。作る人たちの「愛」の大きさ、深さが形となって表れてくる・・・ 映画に限らず、よく周りを見渡してみれば全てがその法則から成り立っているということに、あらためて気付かされます。「限られた時間」の中で、というのは日々の生活の中では忘れがちですが、かなりのキーポイントですね。

映画「ファイナル・ジャッジメント」に見る日本存亡の危機

初日の新宿ミラノ座 
新宿ミラノ座一回目


○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫ 
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫  
○全国上映館はこちらから ≫≫ 



【今日の一転語】
目標が高い人は、必ず失敗をしますし、チャレンジする限り、失敗はあるでしょう。
しかし、それをわかっていながら、目標を高く持ってチャレンジしていかなければ、道は開けないのです。
■参照書籍
『勇気の法』 第1章


◆映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
6/2~6/29全国一斉公開
※沖縄は6月23日からの公開




HAPPY SCIENCE GINZA BOOK CAFÉ 映画とコラボ!

  • 2012/06/03(日) 23:11:07

この週末は気持ちのいいお天気でもあるためでしょうか、銀座の街並は初夏の装いの人たちで賑わっています。HAPPY SCIENCE GINZA BOOK CAFÉも土・日とお客様が絶えることなく、一人でゆっくり読書をされる方々や、若者のグループで賑わいました。みなさん本当にくつろいでいらっしゃいます。中には、店内に飾ってある映画「ファイナル・ジャッジメント」のポスターを見て、「これ、今日からやってるんですね。この近くの映画館ありますか?」と、銀座シネパトスの地図を持って仲間数人と映画館向かわれた方もいらっしゃいました。さすが若者、即決断、即行動で爽やかです!

GINZA BOOK CAFÉでは、ただ今映画「ファイナル・ジャッジメント」を記念して、コラボフェアが開催されています。このブログでも少しずつ紹介してきましたが、映画の撮影で使用された小道具やメイキング写真の他、コラボメニューも登場しました。こちら ↓

CIMG0715.jpg CIMG0674.jpg


映画に出てくる地下組織 - ROLEに因んだこのケーキ、程よい甘さで、ふわふわなのに弾力のある、老舗の豆乳ロールケーキです。レジ・カウンターには映画で主演、鷲尾正悟を演じられた三浦孝太さんが、おいしそうにROLREケーキを食べていらっしゃる写真も飾ってあります。ファンにはたまらない、とてもCuteな孝太さんの笑顔はBook Caféでご覧下さい!!

また、「ファイナル・ジャッジメント」の鑑賞券の半券をご持参の方に、オリジナルグッズのプレゼント「映画特製トートバック」も用意されています。こちらは、なくなり次第終了となりますので、お早めにどうぞ。

HAPPY SCIENCE GINZA BOOK CAFÉ
営業時間:Open 11:30 Close20:00
東京都中央区銀座2-2-19 ≫≫
TEL: 03-3535-3781
E-mail : happyscienceginza@gmail.com
HappyScience Ginza Facebook ≫≫
●JR山手線「有楽町」京橋口より徒歩3分
●東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」4番出口の前



【今日の一転語】
まっとうな心を持って反省すれば、赤字を全部、インク消しや修正液で消すようにして、消していけます。
そういう偉大な力が与えられているのです。
■参照書籍
『幸福の法』 第4章


◆映画「ファイナル・ジャッジメント」6/2~6/29全国一斉公開
※沖縄は6月23日からの公開



ウィグルの歴史と現状について

  • 2012/06/02(土) 20:56:39

本日より映画「ファイナル・ジャッジメント」が始まりました。ご覧になったみなさまそれぞれの琴線に触れるものがあったことでしょう。ぜひ、友人、知人のみなさまにもお勧めくださいませ。

リニューアルされることになった「幸福の科学 公式サイト」ですが、今日、明日のサイトは映画公開にあわせていつもとちょっと(かなり?)違います。こちらもどうぞお楽しみください。 ≫≫

さて、5月31日の幸福実現TVは、中央アジア研究所を立ち上げ、ウイグル人の現状を訴える活動を続けてこられたトゥール・ムハメットさんをゲストに迎え、占領・弾圧に苦しむウィグルの歴史、現状についての魂の叫びであり、明日の日本を考え、行動していく上で知っておかなければならない貴重なお話を伺う事ができました。現状は、映画「ファイナル・ジャッジメント」で描かれる情況の10倍以上悲惨だともおっしゃっていました。決して遠い国のことではないことを知らなければなりません。

※Turmuhammetのブログ ≫≫
※ウイグルその過去と現在 : トゥール・ムハメット ≫≫

ウイグルの歴史と現状について


6月7日(木)21:00~の幸福実現TVは
「南モンゴルの現状と新たな選択」



※幸福実現TV ≫≫ http://www.ustream.tv/channel/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E5%AE%9F%E7%8F%BEtv 

【今日の一転語】
勇気とは何であるかというと、「正しいことは正しい」、「間違っていることは間違っている」と、はっきりともの申し、実践していく力です。
参照書籍 『政治の理想について』 第2章


映画「ファイナル・ジャッジメント」6/2~6/29全国一斉公開
※沖縄は6月23日からの公開



いよいよ明日全国一斉公開!「ファイナル・ジャッジメント」

  • 2012/06/01(金) 21:59:25

いよいよ映画「ファイナル・ジャッジメント」の公開が明日になりました。関東でも数日地震が続いたり、社会情勢にと、不穏な思いに駆られる方もいらっしゃるでしょう。だからこその映画「ファイナル・ジャッジメント」です。「希望を持つ」ことがいかに大切か、「信じる」ということがいかに大きく人を変え、周りを、世界を変えていくことができるかを発信する映画です。日本が、大きくイノベーションしてゆくことを願って止みません。

映画の主演をされた三浦孝太さんも、自らのブログで映画のPRをしていらっしゃいます。彼自身を大きく変えた映画でもあったようです。 ≫≫

こちらは、「ファイナル・ジャッジメント」企画スタッフがインタビューした時、誕生日にまつわる不思議なエピソードを教えていただいた様子です。 Final Judgement Times ≫≫

ところで、東京中央支部にはレアなポスターが・・・

CIMG0709.jpg



さて、どこに貼ってあるでしょう。東京中央支部にいらした際はぜひ、どこにあるか探してみてくださいね。

○映画『ファイナル・ジャッジメント』オフィシャル・サイト ≫≫ 
○Facebook オフィシャルページ  ≫≫  
○全国上映館はこちらから ≫≫  http://www.fj2012.com/theater/index.html

●映画の前売り鑑賞券は各支部精舎でもお申込みいただけます。 ≫≫ 
東京中央支部 
℡:03-3535-3787
Fax:03-3535-3790
Email: hctokyochuo@gmail.com


【今日の一転語】
決断のときには、「善悪とは何か」「何が善であり、何が悪であるか」ということを、言い換えれば、「正義とは何か」ということを、常に追究しなくてはいけません。
■参照書籍 『国家の気概』 第2章


◆映画ファイナル・ジャッジメント」
明日6月2日全国一斉公開!!  

※沖縄は6月23日からの公開






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。