スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ解決の秘訣

  • 2012/08/21(火) 22:34:24

ここ数カ月話題になっている大津のいじめ問題をはじめとし、一向に減らないいじめ。昔のいじめと今のいじめが違うと言われていますが、 先週の幸福実現TVでも指摘されていたように、左翼教育による弊害の数々が複雑に絡み合って、ますます陰鬱性も増しているようです。

子供の時に受けた精神的な傷は一生消えないこともあり、「いじめ」は人の人生を左右してしまう犯罪でもあると思います。根本的な問題から目をそらしたままで先へ進まない「いじめ」の解決ですが、8月16日の幸福実現TVは、「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」代表の、井澤一明さんをお招きし、学校にはびこるいじめ問題についての実体の把握、そしてその対策と解決の秘訣を語っていただきました。教育者必見の内容です!!

※いじめから子供を守ろう!ネットワーク ≫≫ http://mamoro.org/ 
※「いじめは必ず解決できる」Liberty Web 連載 ≫≫ 

いじめ解決の秘訣



8月23日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「政局時事放談」
を党首とともにお送りいたします!!



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫ 

ユートピア活動推進館では政党研修が行われています。大将軍、韓信の特別霊指導による「常勝立国の兵法」という研修も予定されているそうです。  
・8月スケジュール ≫≫ 
・9月スケジュール ≫≫


【今日の一転語】
なかなか気付くことは難しいでしょうが、本当は、守護霊、指導霊といわれる存在がいて、皆さんを指導しようと、常々、心を配っているのです。したがって、皆さんが強く心にイメージしていることについては、目に見えない世界で手伝ってくれる人が出てくるのです。
■参照書籍
『成功の法』 第6章



 

スポンサーサイト

公教育が抱える諸問題

  • 2012/08/12(日) 11:34:00

8月9日は長崎が原爆投下された日です。亡くなられた多くの方々の御霊に心より哀悼の意を捧げます。さて、この日の幸福実現TVは、前回に続き(この記事)日本の抱える根源的闇の一つ「教育」について、元教員でもある、幸福実現党福岡4区支部長の吉冨和枝氏をお招きして、現在の公教育の抱える問題点、原因、そして解決策などについて語っていただきました。「未来を拓く人材の育成」にかける吉富さんの熱い思いが伝わってきます。

「発生件数」という表示から「認知件数」という表示に変わったため、一見いじめが減ったかのように錯覚してしまいますが、大津のいじめ問題、仙台の「根性焼き」、広島での腰の骨を骨折するほどのいじめなど、いじめ問題は依然として後を引きません。以前より更に悪質な「隠ぺい」という闇まで深くなっているのです。いじめ問題を始めとし、学級崩壊不登校問題学力低下など、教育の抱える数々の問題を発生させた左翼教育の与えた罪は計り知れません

※吉冨和枝オフィシャルサイト ≫≫


公教育が抱える諸問題


8月16日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「いじめ解決の秘訣」



◆幸福実現TV ≫≫
◆幸福実現TV過去のライブ一覧 ≫≫

ユートピア活動推進館では政党研修が行われています。大将軍、韓信の特別霊指導による「常勝立国の兵法」という研修も予定されているそうです。
・8月スケジュール ≫≫
・9月スケジュール ≫≫


【今日の一転語】
本当に苦しい時期というものは半年から1年ぐらいです。
半年から1年、我慢してください。
1年すれば、外の環境が変わってきますし、自分も今より賢くなり、精神的にもタフになっています。
■参照書籍
『成功の法』 第2章

「日本復興のための教育学」

  • 2012/05/25(金) 01:12:01

5月24日の幸福実現TVは、「日本復興のための教育学」と題して、日本の教育に警鐘を鳴らし続けていらっしゃる教育評論家・森口 朗氏をお迎えしての眼からうろこのお話です。
「なぜ日本の教育は間違うのか」~復興のための教育学~(扶桑社新書)の著者でもいらっしゃる森口先生による、「日本復興のための教育学」。①競争を否定した教育の末路、②日本弱体化の真実は? ③福祉国家の教育の真実の姿、④復興のために必要な教育とは? などなど、まさに必見のお話です。

「なぜ日本の教育は間違うのか」~復興のための教育学~ (扶桑社新書) 



5月31日(木)21:00~の幸福実現TVは、
「ウイグルの歴史と現状について」



※幸福実現TV ≫≫


【本日の格言】
「この人生は、いったい何のためにあるのか」ということを考えると、何の苦労もなく、何の経験もしないことが、本当によいわけではありません。
人間は、魂の経験を積むために、この世に生まれてきたのです。
■参照書籍
『生命の法』 第5章


映画「ファイナル・ジャッジメント」6/2公開まであと8日




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。