スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Science First Book Launch in Africa       アフリカ初 現地出版 !

  • 2013/05/07(火) 21:17:18

昨年6月の大川隆法総裁、アフリカ初のご説法は人々に大きな喜びと希望をもたらしましたが、この度ケニアと南アフリカで、アフリカ初の英語経典が同時発刊されました。

ケニアではMoran出版より『常勝思考』『不動心』『成功の法』の3冊、南アでは当会版『常勝思考』『不動心』2冊の、計5冊を発刊。アフリカの未来がかかった主エル・カンターレの経典出版を祝うため、ナイロビ、ケープタウン、ヨハネスブルグで行われた出版記念レセプション、プレスリリース、書店セミナーには各界から大勢の方々が集まって下さいました。 ≫≫

ケニアの首都ナイロビでは4月26日、世界的に有名な携帯電話プロバイダーSafaricom社のCEOボブ・コリモア氏と、ケニア第九代副大統領のムーディ・アウォリ氏等を招いて出版記念レセプションを開催。両氏より主の教えを引用した感動的スピーチを頂き、詰めかけた多くのT V局や新聞社から熱心な取材を受けました。

コリモア氏は成功の条件としての「永遠」の要素を『成功の法』から引用し、言葉から得た知識の実践を通して智慧に変えることの重要性を語りました。アウォリ元副大統領は、主のメッセージの奥にあるのは愛と神であると熱く語りかけ、このような真の教えを通じてケニアの若者をクリエイティブな人材に育てていくための教育の重要性を訴えました。

また南アフリカではケープタウン(4/30) とヨハネスブルグ(5/2) で南ア版新刊プレスリリース、書店セミナー等を開催。アフリカの東部と南部から一斉に主の光が輝き始めました。世界で最も危険といわれる大都市ヨハネスブルグでは、アフリカ最大の書店チェーンExclusive Books の旗艦店の売り場での書店セミナーに大勢の読者が詰めかけ、セミナーと質疑応答を通して、人類最高の成功哲学に触れた興奮の中、書店が用意していた『常勝思考』『不動心』がほぼ完売いたしました。今回の発刊を機に、アフリカ大陸は希望に溢れた光の大陸となってくことでしょう。

Moran Publishers - Ryuho Okawa's Book Launch


◆Ryuho Okawa is the founder of Happy Science, one of the fastest growing religions in Japan. He is the author of over 1,000 books including Invincible Thinking, An Unshakable Mind and The Laws of Success. These three titles are now available in Africa through Moran (E.A.) Publishers.


アフリカ初のご説法に1万人の聴衆!06/23ウガンダ 
5大陸制覇! 幸福の科学大川隆法総裁アフリカ・ウガンダ大講演会
アフリカで初の大川隆法総裁 講演会を前に、今、ウガンダでは・・・


【今日の一転語】
「自分に素直に、自分に正直に生きている中で、世の人々を喜ばせ、幸福にすることができる」という実感が得られるとき、人間は最高の幸福の状態にあるとも言えるでしょう。
『「幸福になれない」症候群』  第1章より

◆Today's Words of Wisdom◆
If you truly wish to know what courage is, you should ponder not on "how to live" but rather on "how to die."
From "The Laws of Courage", written by Master Ryuho Okawa


◇ 幸福の科学グループ Happy Science Group ◇
Facebook   Twitter


◇ リ  ン  ク ◇ 
 法話・霊言 公開情報     精舎へ行こう  
 

スポンサーサイト

Happy Science First Book Launch in Kenya and SA

  • 2013/05/03(金) 21:22:20

Happy Science Scriptures in English are come out both in Kenya and South Africa. News release and bookstores seminars were put out in Nairobi(4/26), Na Cape Town(4/30) and Johannesburg(5/2).

After meeting the human highest Success Philosophy, the books were sold out in the excitement.

Published books are "INVINCIBLE THINKING","AN UNSHAKABLE MIND" and "The Laws of Success" in Kenya, "NVINCIBLE THINKING","AN UNSHAKABLE MIND" in South Africa.


in Kenya
Kenya.jpg

Kenya2.jpg

in South Africa
SA.jpg

SA2.jpg


Pictures from FB "Happy Science South Africa"
SA 3


SA 4




◆Today's Words of Wisdom◆
Even if you cannot change your surroundings, you can change your way of thinking and your state of mind to get over your setbacks.
From "The Laws of Courage", written by Master Ryuho Okawa

What is Happy Science?
About Master Ryuho Okawa

アフリカ初のご説法に1万人の聴衆! 06/23ウガンダ

  • 2012/06/27(水) 22:41:24

uganda.png


6月23日(土)に、大川隆法総裁のアフリカ初のご説法″The Light of NewHope″はウガンダ最大の集会場であるマンデラ・スタジアムで説かれました。当日は、午前中から2万人以上の方が来場されましたが、夕方6時に予定されているご講演 前から雨が降り出し、実際に、会場に残った人々は1万人程度だったそうです。

小雨が降り続くなか、歴史的なご講演「The Light of New Hope」は、最初から最後まで力強い言霊で、「あなたがたの内には光が 宿っている。あなたがたこそ、未来を拓く希望である。過去の影の歴史を乗り越えて、 アフリカの時代を切り拓いてほしい。」と語りかけられました。

人々はMaster Okawaに直接出会えたことに感動し、講演後も多数の感動の声が寄せられたそうです。またこの説法は、国営UBC放送と民放2局、合計3つのテレビ局で生中継され、推定視聴者は500万人、他のアフリカ諸国でも今後、放映される予定です。

今後、必ずこの御法話が新しいバイブルとなり、アフリカ大陸の発展を導いていくことになることでしょう。

以下、ウガンダのデイリーニュース06/25の記事です。

Thousands flock Happy Science lecture Publish Date: Jun 25, 2012
Ryuho Okawaは1986年にHSを創設。ウガンダ共和国には北部と東部にHS集会所が開設されている。霧雨にもかかわらず、午後2時前にはスタジアムは満席。ローカルのほとんどのテレビ番組で生中継され、HS総裁ご法話の前には、ローカルのミュージシャンらによる歌の奉納があった。観客は主にHSの歌に酔いしれた。舞台に勢ぞろいしたChameleon、Iriyn、Benonのミュージシャン達は幸福感いっぱいに歌を披露し、聴衆を魅了した。

演台から語りかける大川氏は、人種差別を止め、代わりに繁栄をもたらすような事柄や実体のある平和にフォーカスすべきであると人々に訴えた。アフリカ人は悔い改め、貧困に打ち勝ち、他の人々に寄付する方法を学ぶ必要があると述べ、「智慧の提供や共有を通してこそ、一人前の国家になるでしょう」と語った。大川氏は、許しと自信の大切さを強調され、特にウガンダの人々の間での許す方法を学ぶことを最重要視された。「全ての人々は一心同体で創造されたのです。ですから許しを信じることです」と力説。HSの主たる目的は、愛と悟りによって地上ユートピアを建設することであると述べ、「愛するとは与えることであり、他の人々から奪うことではありません。ですから、愛は憎しみに打ち勝てるのです。他の人々から奪うと、常に奪いたくなりますが、与えることを始めたら、平和が作り出されるのです。簡潔に言えばそういうことですが、実践は難しいです。ですから、与える愛の教えはとても重要なのです」と説かれた。

HSの運動は、人々の人生を向上する目的で日本に1986年に始まった。今日では、日本を代表する最大の宗教組織であり、世界94ヶ国以上に活動を広げ、1100万人の信者を擁する。また、悟りの特徴とは、内観を通して自分が真に何者であるかを発見することだとも付け加えられた。そして、「大宇宙の叡智を学ぶことにより、人々は人生の目的を知り、本当の使命に目覚めることができるのです。どの宗教団体もこのような考えを受け入れることができると私共は信じています。といいますのも、神とは光であり愛であり真理であり信仰であるゆえに、神は常に人々の側らにずっとこれからもいらっしゃると思うからです」と説かれた。

※Jose Chameleone氏07/25ロンドンオリンピック開会式で歌う予定
Jose Chameleon Only East African to perform at the 2012 London Olympics ≫≫

みなさん嬉しそうです(新聞の記事)
553138_486174714742139_389736776_n.jpg
エジプトの衣装の男性の後ろには
あの杖が… 
Nobuhiko TakekawaさんのFacebookより




【今日の一転語】
仕事に生きがいを感じていない人が、仕事がよくできるようになることは、まれなのです。
■参照書籍
『幸福の法』 第2章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
ロングラン・ラン決定!!6/30(土)~7/6(金)
最終日まで、あと9日



◇ロングラン上映 東京の映画館は◇
・新宿ミラノ座
・品川プリンスシネマ
・ワーナーマイカル板橋
・ユナイテッドシネマ豊洲
・ユナイテッドシネマとしまえん
・109シネマズ木場

5大陸制覇! 幸福の科学大川隆法総裁アフリカ・ウガンダ大講演会

  • 2012/06/24(日) 09:01:27

昨日6月23日(土)18時25分(日本時間 24日(日)0時25分)より、アフリカのウガンダ共和国・首都カンパラのNambooleスタジアム(マンデラ国立競技場)で大川隆法総裁の大講演会「The Light of New Hope」が開催されました。会員信者が倍増中のアフリカで、初めて大川隆法総裁の講演会が開催されると聞いて、たくさんの方々が参加され、歓喜の渦の中幕を閉じたそうです。

演題「The Light of New Hope」に込められた想いは、金の羽となって(映画「ファイナル・ジャッジメント」で象徴的な金の羽が出てきます。)参加されたお一人お一人の心に届いたに違いありません。そして、アフリカ大陸は必ず希望の大陸へと生まれ変わっていくことでしょう。
アフリカ・ウガンダ大講演会速報!

irKRY1ke.jpg

269293_2204076039146_1967536653_n.jpg
Brutus Robenson PresslakayさんのFacebookよりお借りしました。




【今日の一転語】
ときおり、現在の自分のあり方を振り返って、「自分は日々、人生の基礎をつくる努力をしているか」ということを考えなければなりません。
■参照書籍
『不動心』 第1章


◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!
いよいよファースト・ラン最終日(06/29)まで、あと5日


アフリカで初の大川隆法総裁 講演会を前に、今、ウガンダでは・・・

  • 2012/06/19(火) 00:22:19

「空港を降りて首都カンパラに向かう光景は、どこもかしこも「ワールドティーチャー、リュウホウオオカワ講演会」のポスター、看板でいっぱい!なんだこの光景は!
今、ウガンダは主の講演を待ち望むムードに満ちあふれている。
国民的な歌手が信者となったとのことで、まさに歌えや踊れという感じなのでしょうか!」

これは、先日仕事でウガンダに立ち寄られた信者さんのコメントです。今週末に、ウガンダ共和国の首都カンパラのNambooleスタジアム(マンデラ国立競技場)で大川隆法総裁の講演会が行われるのですが、地元は歓迎ムード一色のようです。 じわじわと中国が触手を伸ばしてきているアフリカで、大川隆法総裁の講演会が行われるということには、非常に大きな意味があります。

picture20195.jpg


ウガンダはアフリカでは一番早くから仏法真理の教えの広まった国です。2008年12月に支部が開所され、2011年8月にはウガンダ支部精舎が落慶し、ウガンダだけでなく全アフリカの信者にとっての希望の地となりました。元々キリスト教の地盤のある信仰心厚い土地柄ですから、ボランティア活動、チャリティ活動などをはじめ、信者さんの使命感の強さには目を見張るものがあります。2009年の12月にはエル・カンターレ祭初日(12/06)に国営放送UBCで、映画「仏陀再誕」ルガンダ語吹き替え版が放映され(CMも流れていた)、ウガンダ各地から問い合わせの電話が引っ切り無しに掛ってきたと聞いています。 5月に行われた経営者セミナーの様子などもUSBTVのニュースで放映されていますが、ウガンダをはじめ、アフリカの国々では宗教的真理を求める気持ちだけでなく、「日本の成功の秘訣を知りたい。」という思いがとても強いようです。最近では、支部での病気平癒祈願やお祈りで、病気が快復する人たちが毎日、毎日後を絶たず、こちらの奇跡でもかなり知られてきているようです。

また、今月に入ってからThe Observer(イギリス系の新聞)で幸福の科学が紹介されました。(ウガンダ版06/14の記事"Happy Science aims to unite all world religions")また、 06/10の記事では講演会を前にした様子などの話題が出ていますが、幸福の科学のゴスペルシンガーの話題なども取り上げています。Jose Chameleone(国民的歌手で信者でもある)をはじめとするウガンダの歌手と、ナイジェリアのKing Wadadaが「ようこそHappy Scienceへ」という内容のアルバムをリリースしたとも紹介されています。彼等は大川隆法総裁の講演会でもパフォーマンスするようです。普段の日曜礼拝式の時などにもゴスペルが歌われているそうで、本当に所変われば、式典も変わるんですね。
※King Wadada - Happy Science(YouTube) ≫≫
※Jose Chameleone ≫≫

ウガンダでの講演会の様子も国営放送で放映されるにちがいありません。そして、映画「ファイナル・ジャッジメント」も近々に放映されることでしょう。 アフリカンミュージックの調べに乗って、真理の光が広がり、アフリカ大陸が「暗黒」から「光」の大陸へと生まれ変わっていくことを、心よりお祈りいたします。

※ウガンダ支部サイト ≫≫

こんなトラックも走っている…
550755_481707468522197_2018103795_n.jpg
Nobuhiko TakekawaさんのFacebookよりお借りしました。


King Wadada - Happy Science





【今日の一転語】
人間は、他人を愛することが道徳的によいことだから、他人を愛さねばならないのではなくて、本来、他人を愛するような性質を持って生まれてきているのです。
■参照書籍
『反省の手引き』
※非売品



◆大川隆法総裁 製作総指揮最新作
映画「ファイナル・ジャッジメント」絶賛上映中!06/02~06/29
※沖縄は6月23日からの公開



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。